プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    頭を切り替える

     アトピーには、いろんな方法が紹介されている。食事や身の回りの環境を整えることからコストがかかる事まで。
     コストがかからない事に関しては、特に問題はないと思うけれど、コストがかかるものに関しては、その方法が果たして効果を上げているのかどうか、きちんと評価する必要があると思う。

     最近はアトピーのブログもとても多いし、掲示板もいろいろな意見が書き込まれている。でも、そのいくつかをずっと読んで追っていくと、その人が行っている方法が、明らかに効果を上げていないと思われるものがある。私もあえて、「効いていないと思いますよ」と、わざわざ書く事はほとんどないが、その人がどんな気持ちでやっているのか、どんなに辛い思いでそれにすがっているのか、いろいろ想像してしまって、心配になってしまう事が時々ある。

     アトピーに絡む製品の多くは、
    「長く使わないと効きませんよ」
    というものが多い。それが、食品や飲料水のようなものだと、
    「体の細胞のサイクルは・・・」
    と、くるわけだ。
     けれど、アトピーで高額の物に手を出すようになっている人は、一日千秋の思いでその効果を待っているのだ。
    「3ヶ月は続けてくださいね」
    などと、悠長な事は言っていられない。

     私も過去、いろいろな方法を試した事がある。効いていないと思いながら、あと一週間続けたら違うかも、なんて思った事もある。でも、漢方薬を含め、3日続けて効かなかったものは、一週間たっても一ヶ月たっても効いた試しがなかった。
     それと辛かったのは、挫折感だった。
    「これやってみたけど、またダメだった・・・」
    という思いは、希望をなくし、まだアトピーと付き合い続けなくてはならない、と悲しくなった。
     そうして心がどんどん固くなっていくのだ。

     アトピーを治すために、いろいろな方法に取り組むのはいいけれど、特定の方法に固執しない方がいいと思う。
     時々、この人は、この方法を続ける事を目的としているのか、治る事を目的としているのか、どちらなんだろう、と思うことがある。
     
     治る事を目的としているのだったら、やはり、一定期間をおいて、その方法を評価してみる必要があると思う。そして、効果がない、と思った場合は、頭を切り替えて、速やかに別の方法に切り替えていったほうがいい。その方が傷が少ないと思う。
     私は、漢方薬なら評価は3日、サプリメントなら一週間程度、と決めていた。今のアメリカの治療法は、大体1年見ている。今はもう、コストもそれほどかかっていないし。

     頭を切り替える、というのは、自分の考え方も変えるべき時は変える、という事だ。
     アトピーの宗教チックな考え方は、ステロイドの全否定、保湿の全否定、西洋医学の全否定、などが代表的だと思う。
     自分は、治りたいのかどうなのか、それをまず確認して、必要があったら自分の考え方を切り替える、というのは、治る為には必要だと思う。
     私も、ステロイドを離脱して何年もたって、アメリカに行って久しぶりにステロイドを使った。
     私がステロイドを離脱した理由は、大量のステロイドを必要とする体になってしまい、副作用を恐れたからだった。
     でも、今回、受け容れた理由は、ドクターの指示が正しく、副作用の心配をしないで離脱できる事が前提だったからだ。それに、ステロイドの離脱が問題になる科は、皮膚科くらいなもん、というのは知っていたから。
     私は、自分が治るためなら、かなりリスクがある治療でも、受け容れていたと思う。もちろん、丹念に情報収集はするけれど。
     私は、「完治」したい。漢方薬で感じた「軽減」では、納得できない。

     効かない治療に固執している事は、人生の大事な時間を捨てているのと同じだと思う。早めに評価して切り替えていく事は、治癒へ向かう近道だと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    マッツンさんへ
    そうですね。100%信じないで、疑いの気持ちを持ち続けていく事は、とても大切だと思います。
    アトピービジネスも多いですし、選別する目を持たなければならないですよね。

    「頭を切り替える」って案外難しいですね。新しい療法を試す時、どうしてもこれで治るかもという希望が先にきてしまいますから。ポイントは、ゆかりさんが以前書かれてたように、何かを試すときには事前にアンチの意見も調べておくことなんだと思います。そうすれば、ある程度客観的に経過を眺められるようになるので。

    コニーさんへ
    アトピーの治療法に限らず、一つのものに肩入れしすぎている人は、やっぱり怖いですよね~。下手な事言って刺されたら怖い、と思うので、私もネットでない普通のお付き合いでは、何も言いません。さりげな~く距離をとります。
    治療法は、病気の本体(ターゲット)に近ければ近い程、即効性を持つような気がします。
    木酢液、効きましたか。私は3年位使っていましたが、効いたと思った事は一度もないですよ。マキロンは効きますね。コニーさんのブログを読んで、試してみました。よく見たら効能に「痒み」と書いてあるので、なにか、特有のものが入っているんですかね?
    スポーツや食事療法などは、補助的な意味も強いと思うので、余裕のある人は、続けるといいと思います。
    私は、自力で良くしようとする人にとっては、やはり本人の持つ、回復力も一つの重要なファクターだと思います。私は衰弱してしまうタイプだったので、漢方医に当たらなかったら、衰弱して入院していたと思います。
    私は自分でも、アトピーに対しては執念だと思っています。でも、治って一年位したら、もう、忘れたい過去になると思いますが。

    ru_iさんへ
    やはり、一つの治療法を続けていると、もう少しがんばったら、と思っているうちに、治りたいのか、それを続けたいのか、混同してきてしまうのは、当然だと思います。私もハタと気づいて、切り替えましが。
    物事の本質をしっかり見るって、大切な事だなぁ、と思います。

    ”この方法を続ける事を目的としているのか、治る事を目的としているのか”、→どきりとしました。私もこの傾向があるからです。頭の切り替えと冷静な判断力大切ですね。

    ゆかりさんのアトピーに対するスルドイ切り口は、いつも勉強になりますねー。
    私も内心、アトピーの宗教めいた「必ず効きます」や「好転反応」はおかしいと思っているのですが、優柔不断な性格のため「本人がいいと思っているならあえて否定せず」のスタンスをとってしまうんですよねー。
    私が薦めているマキロン殺菌も、私は自分でやってみて一回目で効果を感じました。人によると思うけど、すぐに効果あるものはやはり信じられますね。でも同時に、スポーツや食事療法は、やっぱ3日じゃ効果ないと思うし、木酢液は一ヶ月くらいで効果を感じたし、なかなか難しいです。
    アメリカ行ったゆかりさんは、やっぱり精神的に強いなぁと思います。私も一番辛かった頃、このブログ読んでいたらアメリカ行ったかも!?
    ステロイドも、私も単発でちょっと使う分には優れものだと思います。他のブログじゃ言えないけど、なにもそこまで我慢しなくても~と思うときもありますねー、やっぱ。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。