プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピーアソシエイション

     アトピーアソシエイションは、基本的に、明石さん、という代表の方(日本在住)と、高沢さん、というスーパーバイザーの方(アメリカ在住)でやっている。
     この組織が出来ていったきっかけは、高沢さんがアトピーの酷い方をホームステイに受け容れて、アメリカ人のドクターにかかってみたら、(これがドクターマセソン)あっという間に治り、アトピー友達に連絡し・・・、というところから、口コミで広がっていったとの事だ。
     明石さんも口コミでこの事を知り、精神的にも自殺を何度も考えるような困難な状況の中で、何とか費用を捻出し渡米して治療したと。日本で何人の医師からも治療を受けてもよくならなかったアトピーが、ドクターの治療を受けてぐんぐん良くなり、それと同時に、やはり、日本の治療に対して強い憤りを感じたそうだ。
     それで、明石さんは自殺寸前まで追い込まれ、苦しんでいる多くのアトピー患者を何とかしてあげたいと思って、アトピーアソシエイションを作った、というわけだ。
     私も自殺したい、と考えた事があったから、明石さんの憤りはとてもよく理解できる。
     アメリカで治療を受けている時に、スーパーバイザーから明石さんの話をチラッと聞いたが、本当に酷い状態だったらしい。
     私自身は、セミナーに参加していないので、明石さんに直接お会いしていないのだが、電話で二回ほどやり取りしたように思う。
    「完治率とか、どうなんでしょう・・・?費用もかかるし、駄目だったら、と思うと、やっぱり不安です」
    みたいな事を話したような気がする。
     その時に
    「正直言って、借金してでも行った方がいい、と思いますよ」
    と、おっしゃった気がする。
    (本当は「オフレコ」だと思います。)
    その一言が、私の背中をぐっと押した。

     治療の申し込みをした後は、明石さんと高沢さんの間で、病歴の長さや年齢、重症度などを考慮し、治療日数を割り出していただいて、航空券の手配をした。

     スーパーバイザーの高沢さんは、300人程のアトピーの患者を実際見てらっしゃる方だが、驚いたのは、何の偏見もない事だ。
     アトピーはやっぱり見た目の病気だし、皮膚が剥がれ落ちたり、出血したり、汚す方も汚す病気だから、いくら治る、といっても、何となく嫌、みたいなところがあっても仕方ないかな、と思っていたけれど、
    「アトピーなんて、良くなってしまう病気だからね。」
    と、風邪か何かのような感じの捉え方のような印象だった。(もちろん重症度など、よく理解していらっしゃるが)
     一ヶ月ほどお世話になったが、とても良くして頂いたし、治った患者さんの話もたくさん聞き、元患者さんの結婚祝いの品の買い物に付き合い、(結婚出産と、大勢いるのよね~、とおっしゃっていた)アトピーで人生を投げようとした人達が、たくさん救われ、健全な生活に戻っていくのを聞いた。

     私も、ほんの偶然からアトピーアソシエイションのサイトを発見し、内容に釘付けになり、全ての理由に納得した。サイトもとても良く出来ているし、きめ細かなアドバイスもある。治療方法も全てオープンだ。しかも、これは、民間療法ではない。日本であれば保険が適用される医療なのだ。
     民間療法と医療の差は、本来治癒率や、改善率なのだ。そしてドクターマセソンの治療は、医療なのだ。
     私は、この認識の下に、即渡米を決意した。

     帰国後、5ヶ月目に入って、急に肌がしっとりしてくるようになった。炎症もすごく減ったように思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    jackさんへ
    こちらもリンク貼らせて頂きました。
    ありがとうございました。

    勝手に自分のHPにリンクしちゃいました
    報告しておきます

    みなせさんへ
    もし、アメリカ治療に出会ってなかったら・・・、確かにぞっとします。もう戻りたくないですからね。漢方で何とかなってたと思ってたけど、それよりも今はずっと楽な状態ですから。
    みなせさんは、まだもうちょっと時間があるんですよね。今は準備に余念が無いところですかね。

    もしアメリカ治療に出会っていなかったと思うと本当にゾッとしますよね。
    それにしても世界最低の治療と世界最高の治療の両方を経験するなんてある意味すごいことですよね(^^;
    ぐんぐん肌の調子が良くなられているようですね。
    自分も治療を受けるのが待ち遠しいです。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント