プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スキンケア

     アメリカから帰ってきて、ちょうど4ヶ月たった。
     回復状況としては、順調です。
     今月に入ってから、姑にも魚介類が食べられない事を伝え(今まで言えなかった)、家でも徹底して食べるのをやめた。
     卵もやめた。(マヨネーズとかフライの衣やつなぎはOK)どうも、古い卵だと悪くなるようだったから。
     とにかく、食品を気をつけるようにして、痒みがぐっと減った。やっぱりアレルギーを出さないようにすると楽。
     ふくらはぎから下は、完全に皮膚が正常化した。
     秋風になって、かさつきを心配したけれど、入浴と保湿で特に大きなトラブルにはなっていない。

     今やっているケアとしては、朝夕入浴20分、そのあと3分以内にプラスティベースで保湿。(でも、油の量が増えてきたのか、つけなくてもいい所もかなり出てきた)これが基本。
     体を洗うのは、普段はセタフィルというアメリカの製品を使っている。汚れだけを分解するものなので、油は落ちない。手に入る人はお勧め。アメリカのスーパーなら置いてあると思う。ネットでも取り寄せが出来るようです。私は、一ヶ月に一本くらいのペースで使っている。
     ステロイドのクリームを塗る時は、入浴後、プラスティベースの前に塗る。その後、プラスティベースを重ね塗りする。

     消毒などもしているけれど、今は大体、これくらいで落ち着いている。写真を載せようと思ったけれど、今、婦人科系の薬を飲んでいるせいか、ちょっと不安定な時もある。回復としては、決して早くないと思う。
     私の想像だが、女性よりも男性の方が、治りはいいと思う。女性は生理があるから、ホルモンのバランスで悪くなりやすい。

     何はともあれ、落ち着いていて、「コロッと治る」という言葉も、何となく現実味を帯びてきた。アレルギーを出さないとか、朝、乾燥しているので、出来るだけ早く入浴する、など、コントロールも少しづつ出来てきたように思う。
     一年位は、きちんとケアしていかなくてはいけないようなので、がんばろうと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ru_iさんへ
    やっぱり、生理前には悪くなるんですね。女性は「恋をするときれいになる」と、肌のつやが良くなる意味も含まれていますが、良くも悪くも女性ホルモンは影響しますよね。
    月見草オイル、すごいですね。
    日本で買うと高いみたいで、ちょっと手が出ないかな。

    確かに、私も生理前は明らかにアトピー悪化しますね。でも、月見草オイルやビタミンCを摂っているせいか、昔重かった生理痛はでなくなりました。

    生理や妊娠など、女性ホルモンの変化によって、アトピーの症状が変わる、というのは、アメリカから帰る時に説明を受けていました。もう、わかっている事なんですよね。
    今は、妊娠の可能性があるので、内服薬での調整はしない、という説明を受けています。

    不摂生は、後々出てきますよね。やっぱり日々から気をつけた生活をしていかないといけないですよね。
    お互い、がんばりましょう!

    ホルモンバランス

    私も生理前(排卵時期)は顕著に皮膚の状態が悪化します。
    年を取るごとに生理痛や頭痛がひどくなってきましたが、今の健康的な生活をするようになって、だんだん楽になって来ました。不摂生が原因だったのかなぁ、と再度認識した次第です。

    足、良くなってよかった♪
    キープできるように頑張りましょうね。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント