プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    再感染の可能性について

     アトピーの大きな原因はバクテリアです。
     で、アメリカで抗生剤を飲んだりケアしたりして、感染を治して帰ってきました。でも、バクテリアなんて、どこにでもいるものです。これって、再感染の可能性があるんじゃないの?

     と、私も思っていました。
     で、結論からいうと、再感染の可能性、あります。ですので、これを防御するために、出来るだけの手を尽くします。
     今、私が行っている再感染予防の自己ケアは、週に一度、フィソヘックスで、体を洗います。(これは同居家族も全員、同じ日に洗うようにしてもらいます)そして、これも週に一度、ムピロシンという抗生剤の鼻腔用軟膏を朝夕、鼻腔内に塗ります。鼻に塗るのは、感染が鼻から始まるからです。
     そして、朝夕の入浴によって肌を保湿し、乾燥しているところ、皮膚が薄くなっているところなどに、プラスティベースという保湿剤を塗って、肌をシールドします。これをする事によって、肌を守り、皮膚の層の正常化をはかって、バリア機能を取り戻させる、という事です。
     バリア機能が戻ったら、感染の可能性は、更に低くなる、というわけです。
     最近思うのは、外出から帰ってきたら手洗い、というのは、意外と大事です。また、ちょっと汚れたものを触ったら洗う、という風にしたら、手湿疹も減ったように思います。
     関節のしわの部分や、指の間は落ちにくいので、意識して洗っています。

     日本に帰って、再度悪化する場合があるそうです。これは私が知っているだけで、二つのパターンです。
     一つは、家族の中で、同じようにアトピーの人がいる場合。家庭内でバクテリアの量が多くなるために、再感染してしまう、という事です。ですので、家族にアトピー患者が他にいる場合、同時に治療をする事が望ましい、という事です。(成人している方は、別居すると良くなるそうです)
     二つめは、アレルギーがひどい場合。これは再感染ではなく、アレルギーの反応ですが、皮膚症状は、湿疹ですよね。
     アレルギー治療は、半分位はアメリカでやってきますが、残りは時間がかかります。ですので、それが効いてくるまでは、抗原対策をしていく必要があります。
     私の場合は、ハウスダストがありました。帰国した頃は、裸足で掃除機をかけると、足の甲が赤くなったりしていましたが、今はあまり出なくなりました。原因がわかっているので、靴下を履いたり、肌を覆うようにしてマスクをして、掃除機をかけていました。

     日本に帰って多少の波はありますが、スーパーバイザーもアドバイスをくれながら、一緒に原因を考えてくれます。その中で必ず答えがあります。

     再感染しても、また治せばいいし、早めに対処するので治療前の状態に戻る事はありません。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。

     
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    ラビさんへ
    ステロイドを塗った人と接触して、薬が体につけば、塗った事になります。ただ、ステロイドは、蓄積はしないので、昔の話なら関係ないと思いますよ。

    私もお医者にかかり脱ステリバウンドがようやく治まったところです。背中の黒い跡を見てお医者に菌がついているといわれ、「ニゾラール」という塗り薬をいだだきました。背中の黒さは治まってきました。
    下着でこすれた黒くなった所を別のおばか女医者がアトピーです。ステロイドを塗り続ければ摩擦で黒くなったところもきれいになるよといいました。私は痒くないの黒いところ塗り続けました。それでステロイド皮膚症になってしまいました。プロトピックを化粧水の後に保湿剤として顔にぬるといい。とも言いました。私はやりませんでしたが、実際あのお医者にかかったり信じた患者はやっていたのかもしれません。
    こわいですね。
    昔の彼氏がアトピーでステロイド暦15年でした。私は彼のステロイドを塗った体と接触していました。それでもステロイドをぬったことになるのでしょうか?今はステロイドにものすごく神経質になっています。

    コニーさんへ
     やっぱり掃除機をかけるのは、防御が要りますよね。速攻、出かけるのは、いいアイディアだと思います。

    jackさんへ
     そうですね。早め早めの対処が悪くさせない秘訣だと思います。
     予防は、今国が健康保険の費用を減らすためにいろいろ考えているみたいですね。確かに、死ぬまで健康でいたいですよね。

    マッツンさんへ
     日本の皮膚科の問題点は、挙げるとキリがありませんが、一つは医師の研修制度も影響していると思います。後10年したら、状況が少し変わる可能性があるかもしれませんが。。。う~ん、50年先かもしれません。。。

    Waoさんへ
     そうですね。バクテリアは普通の人にとっては全く問題ないのですが、アトピー体質には重要な問題だと思います。家族の協力も大切ですよね。

    環境を変えると、アトピーが良くなったり、悪化するのはそのせいなんですね。
    バクテリアか。目に見えないものが、一番怖いんだな。
    家族全体の協力が必要なんですね。

    とても勉強になります。アトピーの慢性的な炎症とは、アレルギー反応とバクテリア感染のこんがらがった症状ということになりましょうか。日本の皮膚科は「原因不明」と結論するだけで、この2点から攻めるという明確な姿勢がまったく見られないのが問題ですね。

    手洗いでの予防や
    早めの対処が肝心ですね

    「予防こそが最良の治療方法」だと
    ブラックジャックに~で言ってました
    (またこのネタですみません(笑)

    うんうん、そうですよね~。
    私は手洗いやうがい、最近はさぼってましたが、またやらなくちゃね。
    掃除機かけるときは私もマスクしてます。花粉症用のやつです。
    で、掃除機かけたあとはしばらくハウスダストが家中舞ってるらしいので、そのあとダッシュで出かけちゃう♪
    帰ってくる頃には、落ち着いてるらしいです。(見えないから実感はないのですけどねー)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。