プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    USA治療を検討されている方へ

     私のブログは、どちらかというと重症のアトピーの方に向けて書いています。そして、もしかしたらアメリカでの治療に心惹かれていらっしゃる方もいらっしゃるのでは・・・と思います。

     アメリカでの治療は、今の時点で、行って本当に良かったと思っています。もし決意して行っていなかったら今もまだ、同じ状態で苦しんでいたと思います。
     私は、漢方薬をおそらく一流の漢方医の処方の元に5年間飲み続けました。けれど、結局治らなかったのです。それは事実です。
     日本でも、努力して軽減した方がいらっしゃいますが、私は努力しても良くなりませんでした。漢方薬で体質改善といいますが、5年間、ほとんど欠かさずのみ続けましたが、正直体質が変わったとは思えません。体質改善はとても少ない可能性なのだと思います。
     努力して軽減した人は、もともとの消化器の丈夫さ、体力などが影響しているような気がします。私は、体力から先に無くなるタイプですので、自力回復は無理だったと思います。
     
     日本でも様々な有名病院がありますが、治療法をみても「根治」につながるようなものではない様に思います。ですので、常に再発の危険にさらされます。
     私の知り合いで某有名病院に二人、入院治療した方がいますが、二人とも再発しています。その内一人の方はアトピーで離婚された、とも聞いています。治療に大金を使い、離婚し、子供さんを引き取り、金銭的にもかなり苦しい状況で、悪徳商法まがいの洗剤などの製品売りにはまっているそうです。

     アトピーでい続ける事のメリットは何もありません。
     そして、怖いのは、日本での治療のリスクが非常に高い、という事です。日本での治療期間が長ければ長いほど、難治化しているのです。
     そして、脅すわけではありませんが、アトピーアソシエイションは小さな組織です。そして、ドクターマセソンは本業の傍ら、日本からの患者さんの治療をしていて、年齢も50代です。あと10年したら、リタイアしてしまう可能性もありますし、別の事情でやめてしまう事もありえます。
     アメリカに行けば、みんなアトピーが良くなるわけではありません。ほんの偶然を介して、あるアトピー患者がドクターマセソンにたどり着きました。一時、ドクターマセソンが日本からの患者を他のドクターに託した事がありますが、結局治しきれなかったため、ドクターマセソンの所に戻されたのです。ドクターマセソンの治療は、シンプルですが、誰でも難治化したアトピーの治療が出来るわけではないのです。
     
     アトピーアソシエイションでもマスコミに働きかけていますが、報道されません。それは何故か。
     それは、患者が良くなってしまうからです。ドクターマセソンの治療でたらいまわしにされた患者が治ってしまうのは、その後に起こる訴訟の数を考えると、恐ろしくて報道できない、と取材に行った新聞社の記者が帰っていった、という話を聞いています。
     日本皮膚科学界では、「アトピーと上手に付き合う方法」などを打ち出して、既に治す事からあきらめてしまっています。

     私は、他の方のように、直接アトピーの相談に乗ることはしていません。なぜなら私の結論は、常に
    「アメリカに行ったら?」
    しかないからです。
     
     一人でアメリカに行くのが不安、という方は、アトピーアソシエイションにその旨を書いて相談すると、他の同じような方とスケジュールを合わせてくれたり、いろんな配慮をしてくれます。一生に一度くらい、アメリカで1ヶ月暮らしてみるのも悪くないと思いませんか?
     アメリカ行きを決めたら、苦痛は行きの飛行機までです。ドクターマセソンの元に行った所から、それまで以上の苦痛が起こることは一生無いのです。
     
     アトピーはバクテリア感染が原因ですが、ひどい人は、カビなど、他の菌にも2次感染、3次感染していて、皮膚にバクテリアが巣を作っている人などもいたそうです。悪い状態が長期化すればするほど、難治になっていくのです。

     アトピーアソシエイションから、別に何かをもらってるわけでもメリットがあるわけでもないのですが、(このブログを書いている事自体、知らせてありません)治療を迷っていらっしゃる方は、行かれた方がいいと思います。
     もし、どうしても私に公開せずに「相談したい」という方がいらっしゃいましたら、コメント欄を使って「管理者にだけ表示を許可する」にレ点を入れて送信してください。メールアドレスを記載して頂ければ、直接お返事します。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

     カリエさん、コメントありがとうございます。2回お会いしているという事は、あの方かしら・・・?などと思いながら、これを書いています。
     アトピー、(お互い)良くなって良かったですね~!

     アトピーは日本にいたら、なかなか出口が見つかりませんよね。今後はどんどん、楽しみを増やして、人生を謳歌してください。

     私もコントロールの方法がわかってきて、徐々に落ち着いてきています。お互い、自己ケア、がんばりましょうね。
     
     今後もブログを続けますので、応援していてくださいね。

    ゆかりさん、はじめまして。
    カリエといいます。
    わたしも6月から7月にかけて、アメリカで治療してきました。

    はじめましてといっても、実はアメリカで二度お姿を拝見しています。
    アメリカではほとんど入れ違いで、ゆかりさんは帰国されました。

    わたしもアメリカで治療して良かったと心から思います。
    それまでもアトピーを治すため、色々試してきました。
    なにが一番つらかったかというと、いつ治るか予想(予定?)がつかないということです。
    このやり方で治るの?
    もう少し続けたら治るの?
    まだ何か足らないのか?などなど…

    アメリカでの治療は一ヵ月。
    ここで確実にドクターに回復への道筋をつけてもらうことが出来ます。
    ステロイドのリバウンドも、できるだけ抑える処置もしてもらえます。

    どれくらい難治化しているか人それぞれで、帰国した時の状態も
    各々違います。
    でも確実に好転し、日本でのケアを実行し、症状が出てきたらすぐ
    連絡をとって指示をもらう。
    症状が出たといっても、治療を前とはまったく違いますけど(笑)
    これを繰り返していけばこういう症状もいずれ出なくなるということが分かり、
    今迷いはありません。

    ゆかりさんがアメリカから生で発信してくれた情報は、後日アメリカに行く私に
    勇気を与えてくれました。
    すっかり遅くなりましたが、お礼申し上げます。

    waoさんへ
    すごい、なんて、そんなすごくないですよ。
    私がアメリカ行きを決めた時、いまいち情報が不足していたので、自分が発信源になろう、と思って書き始めたんです。
    waoさんみたいに、誰でも自力で上手くコントロールがつけばいいのですが、元の体の丈夫さにも差があるし、昨今はアレルギーも複雑に絡み、更に難しくなっているようです。

    私は今それほど重度のアトピーではありません。
    でも本当に困っている方は多くいらっしゃると思います。
    ゆかりさんのブログは、そんな人たちへ、有益な情報と、
    勇気を与えていると思います。
    本当にすごいと思います。

    治療、決められたのですね。
    私はセミナーに参加せずに、治療を決めてしまったので、明石さんとは電話でお話しただけなんですよ。
    明石さん、すごい酷かった、というのは聞いています。
    治療を決めると、一刻も早く行きたくなると思います。楽になるまで、あと少しですね。

    ありがとうございました

    はじめまして、みなせといいます。
    実は昨日アトピーアソシエイションの明石さんのセミナーに参加しまして、アメリカ治療を決意しました。
    その決意の裏にはゆかりさんの治療日記に大いに勇気づけられました。
    この治療日記を読んでいなかったら決断するのにもっと悩んでいたと思います。
    一歩を踏み出す勇気を与えてくださって本当に感謝しています。
    僕も必ずこのアトピーを治したいと思います!
    ところで自分もブログやってるんですがリンクを張ってもよろしいでしょうか?

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント