プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピーとマラセチア 抗真菌薬

     夫の実家に帰ったら、姑が新聞の切抜きを取っておいてくれた。それは、アトピーとカビの関係について、だった。いわゆる、空気中に含まれるカビの事ではなく、皮膚表面に付くカビの事で、抗真菌薬の投与によって、重症例が改善した、というものだった。
     資料はこちら

     以前、大手小町のサイトを検索していたら、近所にできた皮膚科に見てもらったら、「カビだよ。今、アトピーといわれている人の7~8割がカビだよ」と言われ、カビにきく薬が処方されて治った、という18歳の男子高校生の投書が載っていた。ちょっと古い記事だったが、リンクしようと思って探したが、もう見つからなかった。

     アメリカでの治療方法と照らし合わせて考えてみると、日本の皮膚科では、「感染症」の治療をしないな、というのが気になっていた。アメリカに行った時、初めに抗生物質を処方されて、きちんと感染の治療をした。これは、必須だったと思う。処方された薬は、セファレキシンという薬で、抗生剤の中でも、それ程強くない。これで私程度のアトピーはOKというわけだ。(日本でも同じタイプの薬があるが、製造過程で微妙な違いが出るらしいので、同じタイプの薬ならいいじゃないか、というわけにはいかないらしい)
     それに比べると、抗真菌薬はかなり強い。
     マラセチアについては、リンクした資料に詳しく載っているが、まだまだ研究が始まったばかり、という感じである。重症だからといって、やたらに抗真菌薬を使うようになってしまうんじゃないかという心配があるけれど、研究は進んで欲しいような気がする。

     アメリカでは既にアトピーの研究は進んでいるし、治療法もきちんとしているのに、どうしてそこから資料を取り寄せたり、留学したりして学んでこないで、「マラセチア」という菌の名前が突然出てきてしまうのか、よくわからないが、アトピーと感染の関係は間違いなく存在する。アトピーの治療に感染症の治療が加わりそうな気配は、嬉しいニュースだと思う。

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    アメリカは訴訟がすごいから、何ヶ月か通院して改善しないと、弁護士が無料で裁判してくれるそうです。(患者が必ず勝てるから)日本は、治らない方が儲かるんですよね・・・。

    金魚動くのですね、面白いです。
    カビといえば、アレルギー検査で突き抜けてたのを思い出しました。
    感染症かぁ・・・そういえば医者にそんな話されたような。
    日本のアトピー治療は物凄く遅れていますねぇ。欧米の医療技術をもっと早く取り入れて欲しいところですよね。

    ちょっと大胆な壁紙ですが、夏の間の楽しみですね。ちょっと読みづらくなってしまったかもしれませんが、しばらくは金魚ちゃんでお楽しみください!

    ゆかりさん、こんばんは~。壁紙変わりましたね!金魚が泳いでて爽やか&かわいいです。なるほど、感染症の治療大切なのですね。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント