プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ドゥピクセント(Dupixent)=ドゥプリマブ

     ドゥプリマブ正式名がドゥピゼント(Dupixent)に決まり、FDAで正式に認可されたとOMCのブログで発表されていましたね。
    http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2017/03/dupilumabfda.html
     渡米治療の受付としても始めるようで、もうスケジュールも出ていましたので、皆さんもうご存知だと思います。
    http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html

     この新薬はドクター推奨の治療でもあり、本人が希望すれば出来ると思います(確認してくださいね)。

     私がこの新薬での治療をお勧めする患者さん達は、まずサイクロスポリンを現在使っている方々です。
     サイクロスポリンは、アトピー根治に繋がる薬ではありません。症状を抑える薬です。こうした免疫抑制剤もどんどん良くなっているとはいえ、副作用の問題もありますし、コストもかかります。ドゥピクセント以前はステロイド以外にはサイクロスポリンしか症状を抑える事は出来ませんでした。また、アレルギー免疫療法は根治に繋がる治療ではありますが、時間がかかるのと、リアクションが強く出る方にとっては難しい治療だといえます。

    箇条書きにするとこんな感じ 

    ステロイド・・・基本的に症状を抑えるだけ。でも皮膚が回復する時間を与えてくれるので、上手く使ってドクターマセソンはコントロールしている。使い方を間違えなければ安全だけれど、長期に渡っては使えない。

    サイクロスポリン・・・症状を抑える。ステロイドは短期間でしか使えないけれど、こちらは長期間使う事が出来る。ただ副作用が強いので、定期的に検査が必要なのと処方に技術が必要。免役を治す薬ではない。しかも高価。

    アレルギー免疫療法・・・アレルギー反応が出る体そのものを治してくれるけれど、多項目あり、時間もかかる。人によっては強くリアクションが出る事があり、十分な量を使えない場合がある。日本ではあまり一般的な治療ですらない。

    ドゥピクセント・・・免疫に直接作用し、アレルギー反応を起こさない体になれる。反応を起こさないので炎症も起こらない、という機序でアトピー性皮膚炎を起こさなくなる。治療期も一年間位だったかな?で、副作用もほとんどない。でもすごく高価。

     値段を度外視すれば、ベストな治療はドゥピクセントです。
     去年の講演会で噂していたのですが、渡米後もなかなか治療が難航していてサイクロスポリンでも苦戦していたという患者さんがドゥピクセントの治験ですご~く良くなっていたとみんなびっくりしていました。(ご本人が来場していらしたそう)
     それ位ですから、良い薬で間違いありません。
     
     私がこのドゥピゼントをお勧め患者さんは、まずサイクロスポリンを現在使っている患者さん達です。私がもしサイクロスポリンを現在使っていたら、再渡米してこのドゥピクセントの治療を受ける事を具体的に計画していると思います。サイクロスポリンは根治させてくれるわけじゃありませんし、ダラダラ費用がかかるからです。

     新規の患者さんの場合、必ずしも必要になる治療というわけではありませんが、検討されてもいいと思います。特に男性患者さんで「僕はずぼら」という方々や、女性でも相談が苦手だったり、帰国後に免疫療法の治療を受けてくれる病院を探すのに難航が予想される方々。
     ドゥピクセントはアレルギー反応を起こさなくなるので、保湿は必要ですが、その他は普通の人と同じように暮らす事が可能と言われていますからトリガー探しに必死にならずに済みます。男性患者さんはマメにケアする事が苦手の人も多いし、実際、出張が多かったり、仕事で朝から晩まで飛び回っている方など、コントロールするのは難しいと思います。二週間に一度の通院も大変ですし。
     ドゥピゼントは帰国後、自己注射で良いので楽だと思います。

     最大の問題はコストだと思いますが、難航すればショートバーストに費用もかかるし、アレルギー治療だってかかります(クリニック代、薬代、手数料、交通費、など)。その間のストレスも考えると、払える人は無理して「やらない」という選択をする必要はないでしょう。
     ドクターマセソンは診断の技術も高いので、行ってから相談すればいいと思います。
     ジェネリックが出るのは特許切れの最低13年以上も先なので、 そこまで待つのはあまりにも人生が勿体なさすぎると思います。
     もちろんドゥピクセントまでは不要という私みたいなタイプもいるでしょうから、ドクターやカウンセラーの方々と相談して経過を見ながら、というのも十分アリだと思います。

     いずれにしてもコスト面を除けば、気軽に「受けたい」と言っても私は良いと思いますよ。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。