プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    新薬

     以前から書いている中外製薬のアトピー新薬「ネモリズマブ」が大々的に報道されましたね。
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030200320&g=soc
     効く効かないは別として、この薬、無理やりにでも日本で承認まで行ってしまうような印象を受けました。アトピー新薬として国内ではプロトピック軟膏以来の騒ぎになるんじゃないかと思います。
     
     この「ネモリズマブ」、中外のHPを見てみました。
    https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20170302150000.html
    するとこの中に報道されていなかった気になる所を見つけました。
    「頻度の高かった有害事象はアトピー性皮膚炎の悪化、鼻咽頭炎、上気道感染症、末梢性浮腫、およびCPK上昇でした。有害事象のため治験中止に至った症例はnemolizumab群で15例であり、主なものはアトピー性皮膚炎に関連した事象(アトピー性皮膚炎の悪化、剥脱性皮膚炎)10例でした。」
    つまり、この薬によってアトピー性皮膚炎の悪化の例があったという事です。
    薬使っているのにアトピー悪くなったら、意味あるのかな?と思っちゃいました。

     もう一つの懸念は、ドクターマセソンが推している「ドゥプリマブ(日本では「デュピルマブ」になりそうですね)」は治験の成績も素晴らしい薬ですが、もし国がこの中外の薬を認可した後検討、なんていう事になれば、承認がかなり遅くなるんじゃないかという事です。
     がんなどに比べればはるかに軽く扱われるアトピーとアレルギーですから、後回しにされても不思議はないなぁなんて思ったり。
    ただサノフィはもう申請しているという事なので、待つしかないだろうと思います。

     ドクターマセソンのアメリカ治療では、ドュプリマブを使った治療を4月以降に開始するとの事ですね。http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2017/02/blog-post_23.html
     ドュプリマブが必要な患者さんは、本当に難治な上位5~10%になると思います。多分、みんな受けたいと思ってしまうと思いますが、コストが気になりますね~~。
     正直、ドュプリマブ使ったら、完治してしまうでしょうし、アレルギー各種、治ってしまいます。私が今、渡米前の酷い状態だったら、希望しちゃうかもしれません。将来の憂いが取れるなら、、、なんて思うかも。。。
     でも私はドュプリマブ無しでもちゃんと完治状態に至っているので、今だったら昔の自分に「要らないから大丈夫よ~」と言ってあげると思いますが。

     ともあれ、中外の新薬もネガティブな事ばかり言ってはいけませんね。選択肢が増えるのは良い事だと思うので。
    スポンサーサイト