プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    講演会2016-5

    新年、明けましておめでとうございます。
    どんな一年になるかかわかりませんが、平穏無事に過ぎますように、と願っています。

    さて講演会の続きです

    ーーーーーーーーーーーーー
    FAQ

    Q:5%の困難化するケースになるのが不安です。事前に何か出来る事はあるのでしょうか?

    A:アメリカで治療を終えた後、どの患者が安定に困難するのかを特定するのは難しい事です。
    いつも世界を制するベルカーブを思い出して下さい。ベルカーブを使えば約15%の患者が困難すると推測出来ますが、我々の患者は5%あたりなので良い数字です。

    幸い、このグループの患者はサイクロスポリンやドゥプリマブなどの治療法もあり有望なお薬も研究中です。

    これらの問題を研究課題として観察し、我々と似た意見になっています。困難化する病気の原因は:

    特に子供の頃の全体的な疾患の重症度
    遅発性の疾患
    幼児期の治療欠如
    どの年齢でも日本患者特有の不適切な治療とスキンケア、長期間と広範囲の強度ステロイド外用剤使用

    Q:ドクターマセソンは日本の患者にドゥプリマブは使用しますか?

    A:利用可能になった時には特定の患者様には喜んで使います。
    使用はアメリカでのコストや日本で入手可能になるかどうかによります。
    又、スキンケアと同時に行う必要があり、両方行う事によって良い結果が出ます。
    我々は治験患者でこれらの結果を見てきています。

    Q:ステロイド外用剤(TCS)の正しい使い方は?

    A:これらのお薬に対しては不思議と両国に誤解が存在するようです。口径剤、注射のコルチコステロイドは我々が使用しており、正しく使うととても安全なお薬です。

    炎症を抑えるためと患者の皮膚をリセットするために使用されており、メンテナンスを始める事、もしくはメンテナンスに戻る事のために使います。どうして我々が使用する安全なのかと言うのは、継続的に使用しないのと短い期間しか使わないと副腎の機能を低下させません。これらはメンテナンスとしては使わずにレスキュー、もしくはリバウンドコントロールの時にしか使いません。

    我々が使用するコルチコステロイド外用剤は弱から中度の強さです。唯一例外で使用している強度の物は手だけに少し使います。断続的に使用し、絶対に継続的には使用しません。これらの商品に問題が生じる時は継続的に使用したり、強度のステロイド外用剤を使用した時です。その結果さまざまな問題を起こす事があり、副腎機能の低下、白内障、肉割れ、永久的な皮膚の薄み、リバウンドとアトピーが徐々に悪化する事です。

    我々の患者達は安全で効果的な外用剤の使い方を教育されており、口径剤と注射薬は私からの指示が必要です。

    更に興味深い研究がJAADに載ってあり、我々の渡米患者に使っているTACの筋肉注射から視床下部下垂体副腎系への作用を調べる記事がありました。

    2回の注射を6週間の期間を開けて投与した結果、二次的な副腎機能低下はどの患者にも診られなかった。

    我々が日本の患者から診られる高頻度の問題が、日本の医師から処方されている長期間低用量のプレドニゾンによって副腎機能低下している方達です。

    どうしてこのような事態になっているか見当つきませんが、このお薬の使い方を全く誤っています。利点がほぼ無く、患者へ問題を起こすだけです。アメリカでの滞在が伸び、安全に量を下げていきお薬から離脱するのに数ヶ月は掛かります。
     
    ーーーーーーーーーーーーーー
    相変わらず、ステロイドに対する質問は多いな、と思います。
    今回、治療検討中の患者さんと色々お話しする機会がありましたが、やはりステロイドを気にしていました。

    研究結果は興味深いですよね。筋肉注射でステロイドを使用した患者さんたちが(6週間空けて)2回も使って副腎に全く問題なかったというものです。
    ところが日本の皮膚科の先生が処方する毎日5mg程度の低量処方では、副腎機能が低下している、というのです。「セレスタミン」の名前も出てきていました。セレスタミンはステロイドを少量含んでいるので、長期に渡って服用すると、副腎機能が低下します。
    量の問題ではなく使い方の問題なのは明らかです。

    治療が難治化するケースは全体の5%程度という事ですが、これ、渡米する患者さんの全員が日本では匙を投げられた患者さん達なので、データとしては凄いと思います。
    スポンサーサイト