プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピーの辛さをどう表現するか

     アトピー重度の苦しみを、人にどう説明するか。
     私はこう説明しています。

     フマキラーとかアースとか、殺虫剤を作っている会社には実験用に蚊をたくさん飼っている部屋があると思います。そこに裸で入ってもらい、半日ほどいて、全身隈なく刺してもらう。そこから出たら何となく想像つくでしょ?猛烈な痒み、掻き壊し、感染、気が狂うほどの痒みと痛みが24時間続く。
     アトピー患者はそれと同じで、24時間、365日耐えてるの!!!
     
    と。

     当たり前ですが、仕事も出来なくなるし、寝たきりにもなります。食欲だってなくなるし、日常生活が出来なくなります。
     私は発狂する人がいるのもわかるし、苦しみから逃げるために自殺するのも十分に理解できます。
     更に辛いのは「死ぬ」という終わりがないんです。苦しみが続いてしまいます。
     私も死ぬ病気なら、渡米してまで治療しなかったです。命までは取ってくれない病気だからこそ、治る道を探すしかなかったのです。

     アトピーは軽度から重度まであり、軽い汗疹程度で「アトピー」と表現されたりします。
     でも重度はちょっと別格です。日常生活がままならないために、病気の辛さをわかってもらう必要も出てきます。上手くわかってもらえないために、傷つけられてしまう事もありますよね。悲しい事です。

     ドクター講演会、今月末に迫ってきましたね。今年はドクター来日最後になるという事で、かなりの人数になりそうです。
     私も行く予定です。
     もしご相談等あれば、事前にご連絡いただけると当日実際お話も出来ますし、スムーズかなと思いますので、メールフォームなどご利用になってください。
    スポンサーサイト