プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ツキの有る無し

     よく
    「あの人はツイている」
    「あの人はツイていない」
    などと言いますよね。
     ツイている人とツイていない人の差って何だろう?ツイている人になるにはどうしたらいいんだろう?
     なんて考えていました。

     テレビを見ていた時、心理学者の中野信子先生が出ていて、これについてこんな事を言っていました。

     調査等で研究している人がいるそうです。
     宝くじなどに関しては、完全にランダムに来るそうです。ですから誰にでも完全平等なんだそう。ですが、人生はそんなに長くないので、ツキが回ってくる前に死んでしまう人や、ツキが早く来る人もいるようです。
     ただあえて言うなら、運がいいと思っている人の方がチャンスをつかむ確率が高い、また経験への開放性が高い人、外向性が高い人の方が運が良いようです。
     
     何となくわかるかな。

     運がいいと思っている人の方が、ピンチをチャンスに変えやすいし、色んな事を経験してみる人の方が、多くのチャンスの当たりやすいと思います。
     「どうせ私なんか」
    という人は、チャンスに気が付けなかったり、チャンスにしがみつく力が弱くて手放してしまいやすいんじゃないかな、と思います。チャンスを目の前にして、「やってみよう」と思うか、「やめる」というか、それは人生を分けるでしょうね。

     でも運ってランダムなのか。姑の知り合いで、年賀状の一等が2回当たったとか、すごいなって思っていたけど、私も1000年位生きていたら当たるのかしら。。。
     せめて目を大きく開けて、チャンスを狙うのが今の私にできる精いっぱいかな。

     私は子供の頃、あんまりツイているタイプじゃないかな、と思ったので、小さなチャンスを大事にするようにしていました。
     それとツイている人の観察。ツイているなって思う人はみんな、悪い出来事を受け流す事が上手かったです。こだわらないっていうか。私は割と固執しちゃうタイプなので、見習わないとな、って思います。

     お知らせです。

     前回も書きましたが、ドクターマセソン来日が最後になるので、AAJの明石さんが患者さんたちのアルバムを作って渡したい、という事です。つきましては写真を当日お持ちいただくか、来られない人はメールや郵送で送ってほしいとの事でした。 ドクターって診察の時のアトピーが酷い写真はカルテにあるけど、元気になった姿は残っていないから、との事。
     ですから是非、元気な姿を見てもらうために写真を明石さんにお渡しくださいますようお願いします。
    スポンサーサイト