プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ガス乾燥機

     9月は雨が続きましたね~。
     乾燥機についてご質問を頂いたので、ガス乾燥機についてガス屋に勤めている友人に色々聞いてみましたので、検討している方の参考になれば、と思います。

     ガス乾燥機、ハードルが高いと思っていらっしゃる方が多いようですが、実はそんなでもないんです。
     例えばオール電化住宅を建ててしまった、どうしよう・・・と思うかもしれませんが、庭にプロパンガスを置けば、後付けでガス乾燥機を使えます。乾燥機を戸外に置くのでしたらそれも出来ますし、家の中に置く場合は、配管工事をしてもらいましょう。
     工事費用は大雑把ですが、1m一万円位だそうです。やり方は壁の中を通したりしますが、光ファイバーケーブルだって工事で壁や天井裏にケーブルを通したわけですし、エアコンだって工事が必要です。
     乾燥機を家の中に置く場合は、湿気を逃がすダクトを作る必要がありますが、エアコンだって壁に穴を開けるわけで、同じ事です。ガス屋の友達いわく、
    「配管工事がハードルが高いと思っていて、尻込みする人がいるんだけど、実はそんなでもないんだよね。確かに出来ないって事もあるから、現場見てみないとわからないけど、現場見て、見積もり出すのが先だから、嫌ならそこでやめてもいいしね。
    あと、ガスも自由化になるから、どこも顧客獲得競争してる。だから工事費とか色々柔軟に対応してくれる可能性はあるよ。」
    との事でした。

     ただ、オール電化マンションだけはどうにもならないみたいです。
    「例えば、マンションのベランダにプロパンガス置いて、乾燥機設置ってできるの?」
    と聞いてみたら、マンションのベランダは非常用の意味もあって、共有部分とかそういうくくりになるので、災害防止のために禁止になっているそうです。
     ただオール電化でなく、ガス調理が可能な所ならガスの配管が来ているので、設置したい所に延長するだけなので、室内はもちろん、ベランダなどの屋外にも設置する事が出来るよ、との事でした。
     
     ガス乾燥機、私も使い始めて長くなりますが、素晴らしいの一言です。コストパフォーマンスも最高です。ガスの消費量は煮物するのと変わりない程度、と聞きました。大体45分で乾くので、45分、煮物しているのと同じ位だから大してかからないという事でした。
     うちは一日に1~4回と物凄く乾燥機を使う家だと思いますが、それでも月1000円~2000円位しか乾燥機にかかってないような感じです。冬は割安なガスプランになりますし。
     浴室乾燥機や扇風機を一晩中使って、というのも聞きますが、ストレスも大きいかな、と思います。脇の所など乾きにくいでしょうし。それとアトピーの為に一番いいのは、100度以上まで温度を上げて乾かして、ダニや雑菌を死滅させることなので、やはりガス乾燥機に勝るものはないでしょう。
     コインランドリーだと結構乾燥代がかかると聞きますし、浴室乾燥機や扇風機を一晩中使うと電気代も結構かかるんじゃないでしょうか。ですからアトピーでなくてもガス乾燥機はコスト的にメリットはあると思います。
     夜乾燥機にかけても、45分で仕上がるので、夕方5時に洗濯を始めて、6時に乾燥機に入れれば、7時前に乾燥終了します。洗濯機のタイマーを活用すれば、もっと効率的です。また洗濯物を吊るす手間もないのは結構大きいですよ。乾燥機に放り込んだまま出かけても、自動で電源が切れますので大丈夫です。(ただフィルターが埃で詰まるとアラームが鳴ってしまうので、そこだけは確認が必要です)

     ガス乾燥機、本当に気に入っているので、つい力が入って書いてしまいました。

     アトピーアソシエイションでは講演会に向けて質問を受け付けています。質問は治療前の方でも治療後の方でもどちらでもOKです。 http://a-association.com/406「こんな質問でもいいのかな?」なんて思わずに、これを機会にどんどん質問してみましょう。
     それとアルバムを作ってドクターに渡すそうなので、治療後の患者さんで講演会に行かれる方は、ぜひ写真を持っていきましょう!私も今回は持っていきます。最後ですもん。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。