プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    化学調味料

     この間、夫が私の料理をバカにしたのでとても腹が立ち、翌日スーパーに行って味の素のCook Doをほぼ全種類買ってきました。
     これまで麻婆豆腐とか青椒肉絲とかちまちま甜麺醤とか練りごまとか使って作っていたのですが、かけるだけ。
    初日は麻婆豆腐を作ったのですが、夫に出したところ、
    「なんかコンビニのお弁当とかに入っている味と香り…。食べなれた…(夫は15歳から下宿で一人暮らし歴20年ほど)」
    との事でした。美味しいとは言わなかったですね。
     私も正直、美味しいとは思えなかったです。味がぼんやりしていてちょっと甘かったです。香りは、んー夫が言う通りお弁当の香りっていうか。。。リピートは無いですね。
     原材料は確認してあって、そんなに変なものは入っていないですが、やっぱり「アミノ酸」の味はしますね。あと最近の流行りの○○エキス。このエキスってあまり好きじゃなくて、味は「甘い」事が多いんです。だからエキスがたくさん入っているものって甘くてあまりおいしくない事が多いです。

     三国シェフがこの間テレビに出ていて言っていましたが、味蕾細胞の数が10~12歳でピークになってしまうので、この時までに五感をフルに使って食べる事が大切と言っていました。アミノ酸など人工調味料は自然な味の中から一部を抽出して強くしてあるので、それを子供の時に多く与えてしまうとそれに慣れてしまい、ほのかな香りや味などがわからなくなってしまう、と。
     ですから子供に豊かな人生を送ってほしいと思う親は、化学調味料などは極力避けた方がいいと思います。
     舌が肥えていた方が絶対楽しいし、体に悪い食べ物に自然と惹かれにくくなります。

     だしの素や顆粒のチキンスープで育った人でも、諦める事ありません。2~3か月、それらを抜いた生活をしてみてください。そうすると次にそれを食べた時に何となく違和感を感じるようになります。
     
     子供にも好き嫌いを言わせないで食べさせたらいいと思います。私が5歳位だったかな。夕食で好き嫌いを言ったら、
    「じゃ、食べなくてもいいわ」
    と母が私の夕食を全て下げてしまいました。何が起こったのかわからなくてビックリしましたが、母をどうやら怒らせた事が分かり、それから好き嫌い言わずに食べるようになりました。
     苦手だったのはかぼちゃ、シイタケ、サトイモ辺りでしたが、嫌いでも食べられたので給食でも困る事が無かったし、大人になってからは母の料理が悪かったことが判明し、今は普通に好きです。母は子供に合わせた料理をしなかったですが、それは今は感謝しています。ピーマンの苦みとか今は懐かしく、豊かだったなぁって思えます。それに子供の時、分からなかった味が今、わかるようになって楽しかったり。小さく切ってハンバーグにするお母さんもいますが、それだと素材の味が分からなくなってしまうので、あんまりしない方がいいと思います。味覚が発達すると感じ方が変わってくるので、急に平気になったりします。子供の時に食べなかったものって食わず嫌いになりやすいですから、嫌いでも食べ続ける事が大切です。

     そうそう、ついこの間「無限ピーマン」が話題になっていましたが、ツナなんか入れなくても醤油で炒めるだけで大量消費できますよ。コツはちょっと強火にしてピーマンの表面の膜がちょっと白く浮く位に炒めて醤油を入れる事。だしも不要です。これ、私が幼稚園の時からお弁当に時々入っていて、大好きでした。うちのお弁当は基本、煮物ばかりでしたが、嫌だと思った事は一度もありません。冷凍食品と揚げ物のお弁当は見た目は華やかですが、すぐに飽きてしまいます。

     忙しいと炒め物が多くなりやすいですが、スロークッカーをうまく使うと煮物が簡単になります。だしは水出しにしたり、切り昆布を入れて煮れば出汁も濃くなります。スロークッカーはほったらかしでいいので、炒めたりするよりかえって楽です。豆もよく食べるようになりますよ!

     とはいえどうしても忙しかったらCook Doも否定しませんが、最後に黒酢をかけたり、かんずりなど辛味を足したりごま油を足したり、ちょっとだけでもアレンジするといいかな、と思います。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。