プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    マセソン流

     私が治療に行って10年以上になりました。
     ドクターマセソンの治療については、日本の皮膚科の先生方が知ってか知らぬか、真似のようなやり方を勧める所が出てきました。

     九州大学の皮膚科ではスキンケアとトリガー探しを取り入れています。
    http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/improvement_01.html
    http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/improvement_03.html
     ただステロイドは標準治療を勧めているので、軽いアトピーならいいかな、という感じかな。トリガー探しは患者教育がかなり必要なので、その取り組み方によっては成果が上げられるかも、です。
     でも免疫療法については触れていないので、トリガー探しは主に接触性の物や食べ物などに限られると思います。アレルギーの知識も必要ですが、その辺り、、、どうでしょう。。。

     九州大学の先生がアトピー診療ガイドラインの作成にかかわっていますね。

     慶應義塾大学ではブリーチバスを取り入れているようです。いわゆるハイター風呂です。
    http://www.derma.med.keio.ac.jp/derma/patient/speciality/02.html
     プロアクティブ療法を押しているようなので、渡米前の私は治らなかったと思いますが、マセソン流を取り入れていらっしゃるという事で。

     スキンケアとトリガー探しを取り入れる所は明らかに増えています。ただ気になるのは、安全なスキンケアクリームなど、商品名での情報提供が無いだろうという事と、トリガー探しは患者の話をじっくり聞いていかなくてはなりません。大勢の患者を見なくてはならない医師にその時間が無いだろうという事で、成果はいかほどかな、と思います。

     アメリカには行けないから、とこうした病院にかかってもいいですが、スキンケアとトリガー探しなら自分で出来るでしょうから、交通費と受診料・治療費を払うまでもないようにも思います。

     でもマセソン流が少しずつ日本の病院で採用されてきているというのは、良い事だと思います。

    追記(7/6)
    前回の記事でアンジェスMGのアトピー新薬の事を書きましたが、今日、ニュースが出ました。
    残念ながらプラセボと有意差が無かったとの事でした。
    https://www.anges-mg.com/pdf.php?pdf=100888.pdf
    あらら・・・
    スポンサーサイト