プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    キャンペーン

     少し前のOMCのキャンペーン記事、見ましたか?
    http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2016/04/blog-post_29.html
     すごくびっくりしました。
     医療でビジネスするって事は、美容外科と同じようにこんな風にキャンペーンがあったりするんですよね。保険診療に慣れていて「値引き」とか医療を「価格交渉」とかそういう対象になるっていう発想が殆どの日本人に無いんじゃないかと思います。私を含めて、です。
     でもアメリカは自由診療の国。資本主義の国です。

     私の知り合いがハワイへ旅行に行って病気で倒れ、救急車が来てその後、ヘリコプターで移送されて病院に10日間ほど入院しました。持病を持っていましたが、JTBのツアーで保険にはパッケージで知らない間に入っていたようです。持病自体が結構ヘビーだったので、ハワイの病院でも色々検査したようで、ま、持病をハワイで治すわけではなかったので、退院して帰国しました。で、会計の請求は…、なんと一千万を超えたよう…。
     もちろん「はいそうですか」と払えるわけもなく、「JTBと相談して」となったようです。おそらくJTBが保険会社と相談し、保険会社がハワイの病院と交渉する事になるのでしょうが、最終的にどうなったかは聞いてません。
     でも日本の保険会社もあっさり言い値で払うのか値引き交渉するのか、その辺りはわかりませんが、ま、多少何らかの交渉はすると思います。
     つまり医療も海外では価格交渉の対象となりえるわけです。

     OMCの記事を読んだ時は、なんかカルチャーショックでしたけど、資本主義、自由主義ってそうなんだよなぁって思いました。でもそういう国の方が医療が進歩していくっていうのも納得です。

     少し前、妊娠中に奇形が見つかった時の中絶の問題を巡って「命の選別」とかって話題になっていましたが、OMCの記事では思いっきり選別出来ますっていう記事が出てました。http://oregonmedicalcoordinatorllc1.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html
     日本は社会保障があるので奇形の子供が生まれても、医療費も優遇されるし、手当が出たりしますが、アメリカはそうではないので、当然リスクのあるお産はしないのが普通になりますよね。医療費が一千万を超える請求が普通にある国ですから。高齢出産も増えているので、ますます子供を産みたいけどリスクがある子だと困る、というニーズが高いのは当然と思います。ニーズがあれば技術の提供も生まれるわけで、アメリカでは命が宿ってから中絶、ではなく、命が宿る前に選別、というもっと進んだ医療の提供がされているのです。命が宿ってから奇形がわかって中絶、なんて辛いし、母体にとっても良いわけじゃないですからね。
     日本も早くそうなればいいのになぁって思います。

     それにしてもアトピー渡米治療のキャンペーンはお得ですよね~。
    スポンサーサイト