プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アトピーと歯

     講演会で以前からお知り合いだった方と久しぶりの再会をして話をしました。その方は5年以上前に渡米して治療した方ですが、去年、歯の治療目的で再渡米されたそうです。
     というのも、日本で初め歯科にかかって治療したのですが、歯の治療に使う接着剤が合わなくて遅延性アレルギーの形で湿疹が出てきてしまい、歯科医に伝えて合う接着剤を探して欲しいと言ったのですが取り合ってくれず、色々考えた結果、OMCに頼んで再渡米して歯科治療をしてきたという事でした。見せてもらいましたが、とてもきれいに治療されていました。
     
     歯科治療に関しては、年を取るほどきちんと向き合わなくてはいけない問題だなと思い始めました。

     一昨年からドクターマセソンが口腔ケアをきちんとするように、という指示が出ていましたが、実は最近「口の中を見れば寿命がわかる」という本を読みました。
     正直、医師が一般向けに書く本は極端だったりしてあまり信用していないのですが、これはちょっと色々考えさせられる本でした。
     心臓の動脈硬化で亡くなった患者の頸動脈を解剖したら血管内膜から歯周病菌と口腔内細菌が発見されたそうです。これは口の中の菌が酸度の強い胃液をも無事に通りに抜け、全身に回ったという事を証明しています。
     こちらは脳出血に関与しているという記事です。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H1A_W6A200C1000000/他にもアルツハイマー病に関与しているんじゃないかとか、糖尿病にも関係があるんじゃないかとか、色々言われています。
     歯周病菌や口腔内細菌とまだ研究が始まったばかりですが、元気に人生を楽しむためには歯科治療や口腔ケアについては正しい知識をもって取り組む必要があると思います。

     歯の記事は次回、もう一回書きます。
    スポンサーサイト