プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    治療はドゥプリマブまで待つか?

     アトピー治療希望の星のドゥプリマブですが、この薬の日本発売を待つか、それともその前に治療に行くか、もしかしたら迷っている人がいるかな、と思います。

     先日、日本の会社のそーせいとドゥプリマブの会社のリジェネロン社が研究で提携したとニュースで出ていました。http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1270713ドゥプリマブの販売は関係あるかわかりませんが、この薬が日本に近づいたような気がしました。

     ドゥプリマブのメリットは、アレルギーに悩まされる事がなくなる、という事ですよね。アレルギーがアトピーの炎症の元になっている場合、アレルギーのほぼ完治が望めそうなので、結果的に皮膚の好転につながり、アトピーからの解放、となりそうです。(スキンケアは必要)それ以外にもおそらく免疫系への良い効果もありそうなので、おそらく最強なのは、ドクターマセソンの指示と治療を受けながらこの薬を使う事だろうと思います。

     ですが、ドクターのリタイアの問題とアトピー患者の時間の大切さ、苦痛の大きさを考慮すると自分のQOLを考えながらの決断を下した方がいいと思います。

     私だったら、と思うと、私は発売を待たないで治療に行くと思います。
     まず、地獄のような苦痛に耐えるのが辛いという事。それとドゥプリマブの発売までアメリカでもまだ数年先で、日本発売は未定です。例えば日本発売が5年先だとして、5年、どうやって耐えますか?
     私は治療に行った年、2月にアトピーアソシエイションのHPを見つけて治療を決めていましたが、行ったのはスケジュールを考えて5月にしました。でもその間、苦痛が強くて月5万もする漢方薬を使いました。約15万の出費です。更に漢方を使ったからといって治るわけではないので、苦痛に晒されている時間は変わらず、生産性のない生活をしただけでした。
     私は3か月待っただけでも後悔しました。

     今治療に行くメリットは、やはりまず、ドクターマセソンの治療が受けられる事です。アトピー=アレルギーではありませんから、アレルギー以外の治療も必要です。ですがドゥプリマブの発売までドクターが治療を続けてくれるか微妙です。
     ドゥプリマブは使わなくても、ドクターベイカーのアレルギー治療がありますし、私も完治状態に至っていますが、現時点でも治療成績はとても良いのです。ドゥプリマブが発売になっても、私は今のところ使う必要がありません。アトピー患者全員に必要な薬、というわけではないのです。

     またアトピーが酷い状態を長引かせると、アレルギーや免疫系がどんどん悪化します。今行けばドゥプリマブ不要という人も何年か先は必要な状態になる、という事も考えられます。アトピー悪化状態を長引かせると女性ホルモンを含むホルモン系もおかしくなる事が多いですが、それはドゥプリマブでは治療できません。
     
     ドゥプリマブはもう完成に近づいている薬ですから、それはプランBとして考えたらいいんじゃないでしょうか。どちらかしか選べないものではないのです。
     つまり治療に行って経過がどうしても思わしくなければ、それから使用をドクターのアドバイスをもらいながら考えればいい薬です。確かに費用は重複しますが、どうせ日本にいても化粧品ジプシーに漢方に、整体だの何だので、結局お金は使います。もしくは働けない期間が延びたり、体調を気にした働き方をせざる得ないので、収入アップが望めなかったりするでしょう。プライベートでも集中出来ないですから、勉強して収入につなげたくても難しくなるでしょう。アトピー患者のQOLはとても低いのです。そして「時は金なり」なのです。

     そう思うと、ベストなのはドゥプリマブはプランBにして、治療を受ける事を最優先する事の方が良い選択のように思われます。
     
    スポンサーサイト