プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Xデー

     先日、ドクターマセソンがあと数年で新規の患者さんを取らなくなる、という話を聞きました。
     あぁ、遂に来たか…と思いました。ドクターのリタイアを考えると、もう治療してもらえるチャンスは多くないだろうと思います。もうあと数年というと、治療枠が数えられますもんね。
     後任のドクターがどうなるのか、というのは知りませんが、ドクターマセソンの技術を見るに、後任は無しの可能性が高いように思います。

     治療をためらっていらっしゃる患者さんの中に、重度過ぎて行って治らなかったらどうしよう、という不安から動けない人もいるんじゃないかと思います。でもよく考えてみてください。重度の人ほど一流の医師が必要なんじゃないでしょうか?問題を正しく見られて治療の技術もトップレベルの医師が必要なんじゃないでしょうか。藪医者と意味のない民間療法の中にいて、難易度が高い患者さんが治る可能性は高いとは思えません。時間とお金を浪費するだけだと思います。

     治療費の更なる値上げも心配です。私が行った十年前からずいぶん上がったようです。お金の価値って何かな?と最近考えます。
     少し前、1ドル70円代もあったのに、今は120円。政府がインフレを推奨したおかげで物価は右肩上がり。昨日、スーパーでインスタントの袋麺を見たら5袋で398円。少し前まで298円だったのに。お金の価値が下がっているんです。それならモノに変えてしまった方がいいんじゃないかな、なんて思いました
     そうなんです。お金って価値が変わるんです。人生何かが起こったらすぐに現金は入用になります。ですから一定の現金は確かに必要なんですけど、それ以上はお金で持っている事が果たして正解なのか、それを考えるようになりました。
     私が行った時の金額ではもうドクターマセソンの治療は受けられません。もし患者さんでこの治療を最後の砦として虎の子のように大事にしていたお金があったとしても、そのお金で完治まで賄えるのか、それはわかりません。ゴールはアトピーが治った体なのは同じなのに、かかる費用は変わるのです。
     だったら早いとこ、その体を手に入れた方が人生のパフォーマンスは良いんじゃないでしょうか?お金の価値は基本的に下がるのだと思います。

     これからまだ円安が進みそうですから、治療費の値上げの可能性も高いのではないかと思います。

     そうそう、今週の土曜日にアトピーアソシエイションでワークショップがあるようです。http://www.a-association.com/article/44032162.html
    今回は「ドクターマセソン最新アトピー治療 共同臨床研究会」 というような感じみたいで、先日のNHKのアレルギー治療の話なんかも出るようです。帰国後、治療が難航している方もウェルカムのようなので、一人で限界を感じている方は、行って一気に情報交換できるといいですね。

     そうそう、話は変わりますが、痒くなりにくいストッキング情報を頂きました。
    「絹さらり」というものだそうで、通販ではショート丈しか買えないそうです。パンストが欲しい時は、一部の西友で取り扱いがあるそうなので、お近くの西友を探してみるといかがでしょうか?ただ丈夫じゃないので履けるのは2回位までだそうです。stocking2.jpg
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。