プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    温泉旅行

     夫がやや遅れの冬休みをとったので、温泉旅行に行ってきました。私が住んでいる所は雪がめったに降らない所なので雪国に行きたくて、今年も雪見温泉旅行となりました。

     アトピーがあると旅行は何かと大変ですが、治療前の多くの人たちが憧れているのも温泉旅行ですよね。
     というわけで私なりの温泉旅行術です。

     温泉は「共同風呂」で感染のリスクと温泉成分に対するアレルギーのリスクがあります。温度設定も自分で出来るわけではありませんし、温泉を出た後、旅館の浴衣など着れば浴衣の洗剤の問題や糊の問題が出てきますから、皮膚が不安定な状態では温泉(共同風呂を含む)旅行はお勧めできません。同じ旅行なら普通の洋式ホテルの方が過ごしやすいと思います。

     さて私の温泉旅行の方法ですが、費用に余裕がある時は部屋に温泉が付いている所を好みます。土日はなかなか手が出ませんが、平日だとどうにか射程距離に入ったりするので、取れたら温泉付の部屋にします。理由はプライバシーの問題はもちろんの事ですが、大浴場よりお湯がきれいかなと思うからです。
     でも問題は部屋に温泉があっても洗い場がない所がかなりあります。
     私は温泉を出た後、必ず体をイソジンで洗います(他の方は頭もイソジンで洗うという方も結構いらっしゃいます)。以前、イソジンを忘れてセタフィルクレンザーだけにしたら、悪化しちゃいました。以来、必ずイソジンで洗う事にしています。ですから洗い場があるかないかはとても大事です。
     洗い場がなかったら、いっそ大浴場に行ってしまった方が私の場合はリスクが下がります。

     浴衣は一時的に着る事はありますが、パジャマも持って行ってパジャマで寝ます。タオルは最近は備え付けのものでも大丈夫なので、最近ではそれを使ってしまいます。
     洋服は同じものは着られないので、翌日の分も持っていきます。下着は温泉に入る度に交換するので、3回入るなら3枚以上は持っていきます。浴衣で長時間いるのは何となく不安なので、リラックス用に寝るパジャマとは別に上下スウェットかパジャマを持っていきます。
     この時期の旅館やホテルは夜間、とんでもなく乾燥するので、加湿器も持って行っています。加湿器は2Lのペットボトルが接続できるタイプのものです。去年は電気シーツも持参していました。電気シーツを持参すると暖房を切って寝られるので、加湿器は不要かもしれません。

     頚椎症があるので、普段使っている枕も持参します。
     というわけで、たとえ一泊旅行でもスーツケース二個と手持ちのバッグ3個(ハンドバッグを除く)位の大荷物の宿泊です。。。
     大変なんですけど、3時にチェックインして翌日チェックアウトの10時までいる「宿を楽しむ旅」なので、荷物はあまり妥協しないで持っていきます。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。