プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ドクターマセソン講演会2014-4

    続きです。
    ーーーーーーーーーーーーーー
    ケーススタディ

    今年は少し変わったケースを拝見したいと思います。

    32歳、男性、東京
    アトピー性皮膚炎は幼児から
    日本での治療は:

    たくさんの外用ステロイド薬
    紫外線治療
    不明の注射投与
    日本製・減感作療法
    アルカリ性水療法

    プラセンタ注射投与
     へその緒を腕に埋め込む治療
     中国漢方療法
     さまざまなサプリメント、亜鉛も含む
     土佐清水治療

    18歳~25歳、プロボクサー、極度の食事制限と運動
    喘息、花粉症持ち
    家族暦:喘息、花粉症とアトピー性皮膚炎有り
    2歳の子供、アトピー性皮膚炎有り、スキンケアを行い始めて軽減

    1日目:オレゴンメディカル・リサーチセンター・ポートランド、オレゴン州受診。
    患者はロコイドを体に塗布している。強いステロイド軟膏は1ヶ月使っていない。

    アレルギー検査結果:多くの空気中アレルギーに反応、木、芝生、雑草、カビ、ダニ、犬、猫に陽性。
    皮膚:アトピー性皮膚炎が顔、手、背中と足には感染も診られる。

    1日目:治療:
    コルチコステロイド注射投与でアトピーを落ち着かせる、
    ドクセペンは睡眠と痒みのために使用
    ムピロシン軟膏とセファレキシン内服薬は感染対処に使用
    お風呂で水分を浸漬、正しいスキンケア開始

    5日目:回復しているが、まだ痒みと赤い首、脇と背中が診られる
    走った後に汗を掻く(運動神経抜群です)
    治療:4日間のデルタゾン内服薬を使用、スキンケアの調節、タックとハイドロコーチゾンを渡す。

    12日目:睡眠が良く取れている、皮膚の状態も良く、スキンケアが上手
    治療:スキンケアの調節と抗ヒスタミン剤を使う。ハイター風呂を始める。

    19日目:走った後に痒みと皮膚の赤みが同じ場所に発生する。
    治療:デルタゾンを3日間追加、スキンケアの調節
    予防タックを1週間に2回、問題箇所に塗り始める。

    26日目:睡眠が良く取れている、痒みが無く皮膚が改善され、スキンケアが上手に出来ている。日本へ帰国し家族に戻る。

    2ヵ月後:渡米治療前に比べるとすごく良くなっているが、右手、唇と背中に炎症。足に毛膿炎が診られる。

    2ヵ月後:治療-デルタゾンのサイクル、手を守る事とフルコナゾール内服薬投与。

    5ヵ月後:治療前に比べると断然良くなっている。
    足の毛膿炎がまだ問題箇所。ローションやプラスティベース保湿剤が悪化させる。背中と足に炎症が診られる。

    5ヵ月後:治療
    デルタゾンサイクル、セプトラDS(抗生剤)は黄色ブドウ球菌感染の疑いがあるので処方する。
    フルコナゾールをもう一度4週間、投与する。
    ハイター風呂の入る回数を増やし、保湿剤をもっと軽く、衣類は大きめの物を着用する事。

    7ヵ月後:額と背中の少ない炎症はハイドロコーチゾンとタックで対処。
    毛膿炎は改善されたが、日本製のローションにより、足に炎症が診られる。

    7ヵ月後:治療
    デルタゾンサイクル、セプトラ抗生剤とフルコナゾールを内服。
    保湿剤はもっと軽い物を探す。
    もし再感染を起こすようであれば、培養検査が必要

    9ヵ月後:体は良い状態を保っているが毛膿炎が前回のお薬投与後から3週間で再発する。
    日本のクリニックでは培養検査不可
    足には殺菌消毒薬、マキロンを使っている。

    9ヵ月後:患者と医者が戸惑う。黄色ブドウ球菌、耐性黄色ブドウ球菌とピチロスポルム系真菌治療を施してある。他の可能性としては;希なグラム陰性毛膿炎
    治療:ミネサイクリンを2週間投与

    10ヵ月後:毛膿炎がやっと再発しなくなる!

    このケースをお見せした理由はポートランドでの治療は回復の始まりであり、日本へ帰国されると様々な悪化要因などを対処する必要が有り、患者によってかなり異なります。
    ーーーーーーーーーーーーーーー

    凄いですね。
    まずこの患者さん、生きててくれてありがとうと言いたいと思いました。日本で出来るありとあらゆる治療をされたのでしょう。へその緒を腕に埋め込む治療とか今、どれだけおかしなアトピー治療が起こっているんでしょうね。

    毛嚢炎の培養検査、なんでダメだったんだろう?検体が上手く取れなかったのかなぁ。患者さんがクリニックのドクターとアメリカ側との間で板挟みにあってしまったんじゃないかと心配になります。

    それにしても、この方は紆余曲折があったにも拘わらず1年かからずに完治状態までの道筋が出来た感じですね。
    この患者さんはまめにカウンセリングを受けて、ドクターの再診もどんどん受けていた様子がうかがえます。おかしい時は相談して確認するのが完治状態までの近道だという事もわかる症例ですね。

    さてさて、今年も終わりになりますね。皆さんにとってどんな年になったでしょうか。
    今年も一年、どうもありがとうございました。

    来年もどうぞよろしくお願いします。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト