プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ステロイド内服開始

     新しい湿疹が足の甲に出来始めたのは、今月に入ってすぐの頃だったと思う。雑菌が原因かと思ってスリッパを変えたが効果なし。Tac(ステロイドの外用薬)を塗るが、効果が無く、かえって痒みが増すので、スーパーバイザーに写真を撮って送るが、写真が見ずらいとのことで、次の日、再び撮り直して送る。
     ドクターに転送してもらい、今回の内服薬開始を指示され、薬を送ってもらう事にするが、トラブルがあって薬が届かない。やっと今日、内服を始める事が出来た。
     日本とアメリカでは、かなり時差があるので、どうしても対応が遅れがちになる。患者の方は苦しいし、一日千秋の思いで待っているので、もう少し確実で迅速な対応をして欲しかった。(愚痴)

    ドクターに送ったいくつかの写真の一枚はこちら


     ドクターからの返事は、
    「この水泡性の湿疹は、アトピーの一種で足や手の甲に季節性で、時々できる。それぞれ深いタイプのものなので、通常のTacを塗る治療では反応しない。」
    との事で、今回内服薬(ステロイドで、日本ではプレドニン)開始の運びとなった。
     量は、初めの3日間が、1日60mg、次の3日間が1日40mg、最後の3日間が20mgとなって終了する。
     成人の一日量いっぱいの60mgから、いきなりスタートする。
     さすが、大胆だなぁ。でも、湿疹の質を見分けて処方されるのは、初めてだ。Tacを塗っても効かない事は、お見通しだったらしい。

     アトピーとステロイドは、ずいぶん話題になるもので、実際難治化を招いている。問題の一つは、長期間にわたって、浸透度が高くて、効果が少ないものを塗り続ける、というものがある。
     日本の薬の処方の仕方の問題の一つは、不十分な量の薬を長期にわたって続ける事がある。
     悪い例の代表は抗生剤で、抗生剤を不十分な少量で(効かないから)長期にわたって使ったりする例だ。これは、菌の耐性化を招き、大きな問題となる。(日本では数年前から言われ始めた事で、徐々に変わりつつあると思う。もちろん、一概には言えず、あえて少量を長期間投与する事もある)
     ステロイドの問題もこれと似ている。とにかく、しっかり治してしまうことが大切だ。

     私の治療はある程度アメリカでやってきていて、あとは皮膚の厚みを戻したり、働きを正常化していく事が目的だ。だから湿疹や炎症は、皮膚の回復を邪魔するので、ステロイドを使って消してしまう、というわけだ。イメージとしては、道に置いてある邪魔な石をどける、と思って頂ければいいと思う。
     短期間の集中治療で、徐々に離脱するので、リバウンドを含めた深刻な副作用は考えられない。ただ、飲み忘れが一番怖いので、私は携帯のアラームを使う事にした。
     皆さん、私が飲み忘れないように、祈っててくださいね。くれぐれも、忘れる、忘れない、で、賭けなどしませんように・・・

    人気ブログランキングに参加しています。クリック頂けると、励みになります。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    気にしてくれて、ありがとう!!

    うん。飲んだ。
    でも、昼間、一回、飲んだかどうかを忘れた!残りの錠数を数えて、飲んだのを確認した。それから、チェックリストの表も作った。夜、飲んだけど、チェック入れるの忘れてた。でも、後でちゃんと入れた。
    ひえ~ん!自分の忘れ癖、強烈。年をとったら、絶対、ご飯食べたか忘れるおばあちゃんになると思う。
    でも、あっという間に良くなった。さすがステロイド。体が一気に楽になりました。

    おーい

    ちゃんと薬飲んだか。
    忘れないでね。治るんだから。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。