プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ダイエット中です

     今年の一月終わりに健康診断を受けてきました。
     そしてなんと糖尿病疑いで精密検査を受けろという通知が入ってきました。。。

     私は子供の時から細身の体格で、甘いものが嫌いです。子供の時、友達のお誕生会に呼ばれた時の悩みは「ケーキ」。クリームのケーキが嫌いで、でも言い出せず困っていました。
     高校生の時はさすがに成長期で体型も普通になりましたが、ご存じの通り、その後アトピー悪化で痩せてしまいました。
     が、
    治療を受けて元気いっぱい、食欲も旺盛(というか、普通)になり、普通に美味しくご飯を食べていました。
     でも3年位前に退職してからも、ごはんがおいしく食べられるので普通に食べていました。
     そしてやっぱりジワリと太り始め、退職時に比べて3kgほど太ってしまいました。

     とはいえ血縁者に糖尿病はいないので、まさか糖尿は大丈夫だろうとタカをくくっていましたが、今回の通知はもう向き合わないとね、という通知でした。

     ちなみに引っかかった数値はヘモグロビンA1Cというもので、私の数値は6.1。正常値が変わったので糖尿病が決定的というものではありませんが、やはりリスクが高い範囲に入ります。病院で仕事をしていた間は正常値だったのですが、退職してから体脂肪率と共に上がり始めました。ちなみにこの数値は1~2か月の血糖値を反映するものと言われているものです。空腹時血糖は正常なままなので、朝以外、一日の中で血糖が高い時が何回かあるという状態が続いている事を指します。

     それで思い切ってダイエットをする事にしました。やり方は王道の食事制限と運動です。
     今のところ2kg減らし、体脂肪率も下がってきているので、このまま頑張って自分のベスト体重より少し細い所まで落とし、多少リバウンドしてもベスト体重プラスマイナス1kgで今後調整したいと思います。

     若い時細かった人が中年になって太るとインスリンの分泌量がそれについていかず、私のように血糖値が上がってしまう、といった事が起こります。見た目に大丈夫でも「隠れ肥満」というのがあるので、私はどうやらそれに当たっていたようです。
     アトピーだった人は、きっと食事制限をした事があって細かった時期を長く過ごした人も少なくないと思うので、私みたいにならないように気を付けてくださいね。

     健診後、すぐに受診してもヘモグロビンa1cは変化がないと思い、まだ受診に行っていません。でも生まれて初めてものすごくダイエット、頑張っています。美味しいものを美味しく食べたい、その一心です。(笑)
     夫に
    「あれ、取って」
    と言われ、
    「え?」
    と言い返しても
    「A1c! A1c!!」
    と夫に励まされて立ち上がります。食事の後片づけが嫌でも
    「A1c,A1c」
    と自分を励まして運動以外にもマメに体を動かすように頑張っています。今までちょっと確かに怠けが過ぎたかな、と反省もしている今日この頃です。

     さて、取りあえずA1cの数値が下がり、体重や体脂肪率が理想通りになったら食べたいもの、生クリームパスタと豚骨ラーメンかな。
     今月末か来月の初めに病院にかかるつもりでいるので、数値の減少が楽しみです。

    ーーーーーーーーーーーーー

     3/15にアトピーアソシエイションでワークショップがあるようですね。もう10回目になるのですね。治療を検討されている方は是非ご参加ください。
    (追記)
     今回参加人数が少なめという情報を入手しました。という事は、かなり個別に対応してもらえる事が期待できます。治療するしないは別にしても、まず「行動する」という事はとても大事です。医療知識がある人は治療のイメージが出来るかもしれませんが、そうでない人にとっては理解が難しいと思います。ご家族の説得に苦労している方もいると思いますし。
     頭で悩んでいるだけでは、未来を変える事は難しいですから、少しでも行動してみてはいかがでしょうか?

     またこの治療の概要がHPに載りましたね。http://www.a-association.com/article/35219015.htmlこの治療がどういうものなのか、今まで掴みかねていた方もたくさんいらっしゃると思います。どうぞこちらを熟読してみてください。
     この治療は情報が開かれています。アトピーアソシエイションの側で情報を隠すという事がないので、私が治療を受ける時、それにとても好感が持てました。日本ももっと開かれるべきだと私は思います。

     

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト