プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    IgE

     先日、こんなコメントを頂きました。

    Q:

    Igeの値についてなのですが、私は今日一週間前に検査した血液検査の結果を調べに病院にいったのですが、Igeの値はやはり高く、一万近い数字でショックを受けてしまいました。
    アトピー患者なら誰しも血液検査でIgeの数値を検査したことがあると思いますが、完治したゆかりさんはIgeの数値も一般の方と同じぐらいの数値まで下がっているのでしょうか?
    Igeについてはステロイドを使っているうちはIgeの値も高くなりステロイドをやめると下がってくるといった説や、アトピーの症状が出ているのでIgeの値も高くなり症状が治まるにつれてIgeの値も低くなってくるといった説など諸説あるようですが、ゆかりさんが完治や完治に近い状態になったのはアメリカで治療されたアレルギー免疫療法を日本へ帰ってから何年間か継続されてIgeの値がさがった後のことなのでしょうか?
    仮にIgeの値が正常になってからでないとアトピーが治らないとすると一体自分はいつになったら治るのだろうかと気が滅入ってしまいます…。
    ベイカー医師のアレルギー免疫療法が効果があるといっても一気にIgeの数値を平常にもっていくことは難しいと思うので(一気によくはできないので日本へ帰ってからも何年間か治療を継続するのでしょうし)
    アメリカで治療された方のブログを読ませていただくと日本へ帰ってくる頃には別人の様に良くなっている人が多いように思います。
    そう考えると仮にIgeが高いままでも適切なスキンケアやアレルゲンの除去、食事などに気をつければ完治やそれに近い状態まで持っていくことができるのかなと思うのですがいかがでしょうか?


    A:

     私自身に関しては、IgEの検査を一度も受けた事がありません。
     臨床ではその検査の無意味さが早い内から囁かれていました。というのも、IgEの検査した数値に基づいて治療計画を立てるという事が無いですし、アレルギーは症状から明らかなので、測定して酷さを確認する程度にしかならないからです。検査数値に意味があまり無いので、アメリカでの治療でIgEの検査はしませんし、数値を聞かれる事もありません。
     もっとも大事なのは症状が出ない事です。

     IgEの数値が高値であっても、全く症状が無ければ別にいいのではないでしょうか?

     ですからIgEが高くても完治状態に至ることは可能、という事です。

     ただスキンケアやアレルゲン除去だけでは完治状態は難しいと思います。というのは、アトピー重度の患者の場合、免疫系等がエラーを起こしているので、一旦、症状を止める事が非常に重要だからです。
     原因を除けば結果は付いてくる、と思うかもしれませんが、それは間違いです。
     IgEを高値に押し上げてしまう原因が、皮膚のバリア機能低下、皮膚の損傷、掻く事、空気中のアレルゲンに常にさらされている事、つまりアトピーを酷い状態のまま置いている事そのものにあるのです。

     渡米する前の患者さん達はすごい数値ですが、渡米した患者さんは炎症が取れ、アトピーが治るので、IgEを押し上げる要因がなくなり、IgEはゆっくりと下がっていくのが普通です。
     アトピーの状態自体を止める事が実は治療の第一選択なので、ドクターは講演会の時、日本人からの質問で
    「渡米しないで、日本で出来る事はありますか?」
    との質問に
    「残念ながらありません」
    と言い難そうに答えていました。

     以前、IgEについて書いた記事もあり、またドクター講演会の記事の中、その他の記事でも何度かIgEについては触れていますのでご参照ください。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。