プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ケアホーム

     AAJのHPを見ると改装されたケアホームの写真が載っていました。私が行った頃からずいぶん変わっています。ケアホームでは患者さん達の食事を作ってくれたり、シーツ交換などをしてくれるスタッフがいますが、その人達も私が行った時の後任の後任の方たちに代わったようです。

     渡米する患者さん達はアトピーによる睡眠不足と体力低下でフラフラになっていきますから、身の回りの事をやってくれるスタッフがいてくれるのはとても有難いです。特に主婦の人達は久しぶりに家事一切をやらなくて済むようになるので「つかのまの天国~」という声を耳にします。家事をしないと手湿疹の治りもいいのですよね。(逆を言えば手湿疹の多くが家事が原因という事かな)私も痛みをこらえて食事を作っていたので、ケアホームで食事を作らなくて良かったのはとても有難かったです。
     ケアホームの食事もとても評判がいいです。前任者の方の食事がすごく好評で皆さん
    「○年ぶりにお肉を食べた」
    とか言って久しぶりの肉食やポテトチップス、スイーツなどを食べてくるみたいです。(お肉や甘いものとアトピーは食べ物アレルギーの問題以外関係ありませんが、誤解が多いので心配です。)私の時はまだホームステイだったので、カウンセラーの方に作ってもらっていました。体が楽になると食欲も増すし、欧米に一ヶ月も滞在する機会なんてそう無いので、我慢するのはやめよう、ダイエットは日本に帰ってから考えよう、と思って 好きなだけ食べて、毎日ビールも飲んでいたので4kgも太って帰国しました。おかげで友人の多くは「治療の薬の副作用で太ったのかな」と思ったようですが、私も治療のせいにしたい、と思いました(笑)。夫は私の不在のせいで4kg痩せたので、
    「世帯内体重は変わらないね~」
    と言ったら睨まれました。。。

     体を治すにはたっぷりの睡眠と栄養と休息が必要です。ですからアトピーであっても入院やそれに準じる施設に入る事は必須と思います。私はケアホームに居た一ヶ月間、休息や栄養がどれだけ体を回復させるのか、身をもって感じました。

     ケアホームの写真を見てそんな事を思い出していました。

     最近、ご相談のメールなどほとんど頂かなくなりました。皆さん、大丈夫でしょうか?治療前の方は疑問点など大丈夫でしょうか?治療後の方は治療の進捗度は大丈夫でしょうか?どうぞお気軽にメールをくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。