プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    高い治癒率

     ドクターマセソン達と同じ治療がなぜ日本で出来ないのか。

     講演会の際、新規の患者さん達の中から必ずといっていいほど出る質問です。おそらくAAJで行なっているワークショップでも必ず出る質問じゃないかと思います。

     日本で出来ない理由はいくつかあります。まず当然ながらドクターの技術力です。一見、医師なら診断が合っていて当然、正しい治療薬が出されて当然、みたいに思いますが、実はこれらが「切れる」医師はとてもとても少ないのです。
     アメリカで日本に無い薬を使うのはアレルギー治療だけです。あとは同じ薬が日本にあるものですが、診断に間違いが無い事と治療薬の量と期間が日本の医師の処方と違います。
     例えばステロイドの外用薬も使用部位によって薬が違い、必ず休みを入れながら使用するようになっていますし、それがダメならステロイドの内服薬で対応(もちろん量と期間が決まっています)、とダメだった道も残されています。そして余分な薬は一切処方されません。
     自己ケアの仕方も決まっているし、保湿剤も指示されたものがあります。
     治療法の全てがアトピー性皮膚炎という病気の成り立ちから導き出されたもので、過不足が無いのです。

     もう一つ、アトピーアソシエイションはチームで成り立っています。
     ドクターマセソンの治療は延長が無ければアメリカ滞在中はたった4回です。アレルギー治療のドクターベイカーは1回じゃなかったかな、と思います。それだけで治すのは実は困難です。
     患者さん達は日常の中のトリガー探しや自己ケアの相談はAAJの明石さんにします。治療にかかわる具体的な相談はアメリカオフィスにするのが普通です。普通であれば定期受診の際、医師に相談するものですが、これらを医師で無くカウンセラーにします。これによって大幅にドクターの負担を減らす事が出来ますし、医師に言いにくい事でもカウンセラーであればもっと気軽に相談する事が出来ます。気軽に話せる事から治療に大事な情報が出てきて良くなる道が更に切り開かれていきます。そしてカウンセラー達からの情報はドクターにフィードバックされます。
     アトピーのトリガーの多くは日常生活の中に潜んでいて、患者さんにはわからない事が多いので(だからアトピーを発症します)、違う視点を持ちながら寄り添ってくれるカウンセラーの方々の存在はとても大きな役割を持ちます。彼らがいなければこの治療の治癒率はもっともっと低いものになるだろうと思います。
     
     日本でもいつか治療出来るようになるかもしれませんが、今の時点で出来る所があるとは思えません。やってくれる所が出来るのを待つのか、渡米を選ぶのかは患者さん次第です。
     自分であれこれ模索したり真似するのも一つですが、ドクター達の技術とカウンセラー達の力をまるごと「買う」のも一つです。最速で完治状態まで連れて行ってくれるわけですから。

     3/16にAAJのワークショップが開かれるようですね。興味がある人は思い切って行ってみてください。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。