プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    自分を責めすぎない

     治療前の方は、食事療法やマラソンなどアトピーが良くなるためには、といろんな事をがんばっても結果が出なくて
    「アトピーが治らないのは自分の頑張りが足りないから・・・」と自分を責める人がいます。アトピーで食事療法をしている人のブログを読んでいると結構いますよね。昨夜、チョコを食べちゃったからアトピーが酷くなっちゃった。バカバカ自分、という感じで。また治療後の方でもあっさり治らなくて、アメリカまで行ったのに治らないのはやっぱり自分が悪いから、と責める人もいます。

     なぜそう自分を責めてしまうのか、それを考えてみました。

     自分を責めてアトピーが治るのだったら責めてもらってもいいのですが、結果に結びつかなかったらただの「自虐行為」みたいになってしまうわけです。
     思考や行動のパターンって人それぞれ生きてくる過程でいろいろ出来上がってきます。自分を責めてしまう人は自分を責めておいた方が物事が上手くいきやすい、というパターンを持っているのかも、なんていう風に思いました。

     私の偏見ですが、私がこの「自分を責める」パターンを持つ人が多いな、と思うのは、長女とか一人っ子なんかが多いように思います。私が思うには長女や一人っ子って黙っていても親がいろいろアレンジしてくれて、一番良い状況に置いてくれた事が多かったのかなと思います。つまり「黙っていた方が得」とか「自分が悪いとしておけば周りが収まってくれる」とかそういう状況で育ってきた人なのかな、と思います。
     私は3女でしたから、「黙っておいた方が得」という状況は少なかったです。
     子育てをしている人はわかると思いますが、長男長女はついつい良くも悪くも手をかけてしまいますが、3番目位になるとそろそろ子育て自体にも飽きてきたりしますよね。子供の方から不満を言われなかったら、ま、いいか、やる事はやってあげてるしね、という感じだと思います。でも一番目の子は赤ちゃんの時は泣き始めればすぐに飛んでいくし、お昼寝に合わせて親の行動を決めたりします。そして叱り方がわからなくて時々きつく言い過ぎてしまったり。良くも悪くも親にとっては一番近しく感じる存在で、ゆえに家の揉め事などついつい子供にもかかわらず話してしまったりするのではないでしょうか。

     子供は「何でもできる」と思っているそうです。ゆえにお母さんが怒っているのは自分のせい、お母さんを喜ばせるのは自分の役割、と思ってご機嫌を取ったりするそうです。でも本当はお母さんが怒っているのは、仕事で嫌な事があったから、とか生理前でイライラしていたから、とかそんな理由が多い筈です。
     
     元々自分を責めるような性格でなかったとしても、アトピーを何年も患っているとそういう性格になってしまう人もいると思います。肉体的にも拷問を受けているような状態で、なおかつ家族関係も難しくなり、というような精神的な問題も抱えた状態が何年にもわたったら、自然と罪悪感が生まれてそれが増幅し、自分を責めてしまう、というのは仕方がない思考回路だと思います。
     でもそれで解決できないのであれば、どこかで回路を切り替える必要があります。
     自分を責めても解決しなさそうだったら、他を疑ってみるというのは、間違った事ではありません。

     治療に行かれる方と接していて思うのは、「自分を責めてしまう」人の方が治療に真面目に取り組むので、治りやすいタイプの人だと思います。ただ行き詰った時、シャイな性格なせいか相談するのに勇気が要るようで、自分の中で悶々としてしまうようです。
     でも悪い事が起こった時、すぐに周りのせいにする人に比べたら明らかに「アトピーが治りやすい性格」といえると思います。
     どんな性格でも状況によって「得」になったり「損」になったりするのだなぁ、なんて感じます。
     ですから問題に対して自分の態度が「妥当」なものかどうか、それを判別する時に別の人の客観的な意見は参考になると思います。

     この「自分を責めてしまう」というテーマの記事はずっと書きたいと思っていました。ようやく書けたので宿題を終えた気分です。でも伝わる文章で書けている自信がないのが残念です。
     実は一昨日書き上げたのですが、操作ミスで記事がなくなってしまい、ものすごいショックを受けていました。来年はそういう事が無いように気をつけたいと思います。(今年、何度かやっているので)

     さてさて今年も残り少なくなってきました。
     今年もありがとうございました。
     来年もよろしくお願いします。

     どうぞ良いお年を迎えくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト