プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大きな川がある

     アトピーアソシエイションでの治療は、受ける前の人と受けた後の人との間には大きな川があるといつも思います。
     受ける前の人の多く不安は「ステロイド」「本当に治るのか」といった辺りに集中している事が多いです。日本での治療と何が違うのかがつかめない人もたくさんいます。
     でも治療後は態度が一変します。ドクターマセソンに絶対の信頼を置く患者さんがほとんどです。私もそうでした。資料を読んでイメージはしておくのですが、実際に治療を受けて驚いたのが、まず「治る」という事でした。もう何年も治らない事に慣れていたので、自分の体に起こる「治っていく」という過程にびっくりしました。
     そして帰国後も治療を続けていく内に、自分の努力が確実に治癒の過程に反映されていく事にまたびっくり。そうして「完治状態」への階段を上がっていきました。
     
     このブログを始めてじきに治療を決めました。で、その時に思ったのは、もしインチキ治療だったとしたらこのブログは裁判の証拠として使ってもらえるかも、そんな風にも思いました。
     渡米して最初の頃は半信半疑だった治療ですが、自分の体調が変化していくにつれて、徐々にドクターを信頼するようになりました。
     このブログは渡米治療をお勧めするブログじゃなくて、日常を何となく書き留めるようなブログにしようと思って「アトピー主婦のつらつら日記」なんて中途半端な名前になりました。始めた頃はアトピーが治ってしまうとも思わなくて「アトピー主婦」としたわけですが、今はアトピー主婦じゃなくなってしまい、いやはや。。。という感じです。

     私もそんな感じで行った位なので、治療を受けていない人は尚更イメージしにくいと思います。
     アトピーアソシエイションで資料としてDVDが制作されましたが、それが見るのが一番イメージしやすいと思います。youtubeにも出ていますがカットされているので、取り寄せた方がいいと思います。無料で送ってくれます。

     そんな状況なので、治療を受ける前の人と後の人とでは話が噛み合わない事が結構あります。
     案ずるより産むが易し、なんだけどなぁ、と思う事しばしばです。

     11/24に行なわれるドクターの講演会は直接ドクターと話も出来るので、治療検討されている方は是非行って欲しいと思います。
     午後の部では治療後の患者さん達も大勢いらっしゃるので、交流も出来ます。

     治療後の方で治療が上手くいっていない方、是非行って欲しいと思います。
     毎年、そういう方が講演会に来られるのですが、周りの様子だけ見て帰ってしまうようです。それじゃダメです。ドクターは診察こそ出来ませんが、頭のいい人ですからアピールすれば記憶に残る筈です。
    「上手くいっていないので、今度再診の写真を送ります。悩んでいるのでよろしくお願いします」
    と伝えて、明石さんと相談しながら今後の道を探らないといけないです。

     治らないのは理由が必ずあります。

     ですから自分を責めずに相談しましょう。明石さんも晃平さんも来るので、彼らにも症状を伝えれば何らかのアドバイスや突破口を一緒に考えてもらうなど期待できます。ジャパンオフィスにもアメリカオフィスにも症状を実際見てもらえるし、困っている様子が伝わるので、今後につなげられます。
     どうか諦めないでください。 

     私は残念ながら欠席となりました。ですから講演会の内容をこのブログに書く事は出来ません。どなたか書いてくださると嬉しいです。よろしくお願いします~~。
     

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。