プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    家族の説得3

     渡米して治療を受けたいけれど、家族に反対されている、そういう話を今までいくつも聞いてきました。私は反対されなかったので経験は無いのですが、夫に「家族」の立場でどうか、聞いてみました。すると
    「どうして反対するの?」
    と、理解できないという事でした。
    夫「反対の理由は何?」
    私「騙されているって思うみたいよ。」
    夫「詐欺に合うのを嫌がって騙されているって言うの?それとも治療費の工面が嫌って事?それか例えば子供のいる主婦の人が治療に行くと、家族の世話の負担がダンナや義理の両親ににかかるからそれを嫌がって?男の人の場合、会社を休職しないといけないから経済的な負担が心配とか、そういう事?」

     夫と話していると私も段々反対する人の気持ちが判らなくなってきました。
     詐欺かどうかは調べてみればいいですし、費用の問題なら「反対」ではなく「費用の工面が出来ない」と言えばいいだけの事。患者本人が渡米による不在で負担がかかるのなら、それを解決する方法を具体的に探してみる必要があります。
     私も何となく「反対されている」というだけで納得してきましたが、それではいけなかったのだと思いました。
     反対する人達がどんな理由で反対しているのか、きちんと話し合った事があるでしょうか?一見「頭ごなし」に見えるでしょうが、その奥にどんな気持ちが隠されているのか、それを考えてみてください。そうすればそれを払拭するにはどうすればいいか、次の行動を考える事が出来ます。
     反対する人の言い方が巧妙だったりします。本音を最初に話すわけではないかもしれないからです。

     重度のアトピーの人は体力が低下していますから、無駄にエネルギーを使わないためにも喧嘩は最小限にして欲しいと思います。とにかく1人で解決しようとしないでください。
     それと説得する人は必要最小限でいいのです。
     夫はよく
    「家族に黙って行けばいいじゃない。」
    と言います。アトピーの苦しさは家族には伝わらない事が多いです。費用の負担を頼まないといけない、或いは帰国後は同居家族の協力が必要になるので、同居家族の説得は必要と思いますが、1人暮らしで勤め先等の問題が解決できているのなら家族に話す必要もないと思います。治った姿を見て怒る家族はいませんし。

     家族の説得の場合、鍵になる人物が必ずいます。一見、父親に見えても実は母親だったりします。全員を一同に説得するのではなく、1人のキーパーソンの理解を得られればあとは自動的に合意をもらえます。また誰が話を持っていけば理解を得られやすいか、というのもあります。
     例えば私の両親の説得の場合、実は私の夫が良かったりします。ですから私は夫の理解を得て、夫から話をしてもらうと両親は比較的おとなしく聞きます。でも夫の両親の場合は長男である私の夫の兄がキーパーソンです。年配の人は男性の話の方が聞く傾向が強いので、男の人の力を借りた方が話の運びが速い事が多いです。
       
     来月11/24にドクターが来日して、講演会を行ないます。もうAAJのHPにはお知らせが出ましたね。
     午前中は治療を検討中の方とそのご家族を対象にドクターを交えて説明があります。その場で質問も出来るので、直接話をする事が出来ます。診察行為は出来ませんが、ステロイドに関する疑問など直接質問できます。これら全て無料です。
     一年に一度の機会なので、渡米する、しないは別にしても出席する価値は十分にあると思います。ご家族を説得できない方など特にお勧めです。

     人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。