プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    陥入爪

     秋風が吹き始めたら、もう乾燥の季節になりました。
     手も乾燥しがちなので、ハンドクリームを付けたり、爪の脇にはリップクリームを塗りこんだりしています。ささくれがよく出来るので、気をつけています。

     昔、爪の脇からばい菌が入り悪化させてしまってそれを悪化させてしまい、陥入爪(かんにゅうそう)にまでしてしまった事があります。足になる人が多いみたいですが、私は手の指でなりました。
     当時、外科病棟に勤めていたので仲が良かった外科医に相談したら
    「爪、抜いた方が早いぞ。」
    と言われ、びびりましたが、結構痛みも強くなってきていたので、諦めて爪を抜く事にしました。
     そのドクターも一応気を使ってくれて1/3だけにしようと言われ、1/3抜いたのですが、治らなかったので、やっぱり半分は抜かないとダメだな、という事になってもう一度手術(手術と言ってもすぐ終わる)。それでようやく治りました。
     抜爪(ばっそう)はものすごく痛そうに聞こえますが、手術自体は麻酔をして行ない、翌朝までにロキソニン2錠飲んだだけでした。意外と大丈夫だな、と思いました。

     それ以来、爪の脇のささくれには気をつけています。アトピーの人は皮膚の構造がスポンジ状なので、感染しやすいと思います。ですからケアが一番大事ですね。まずはハンドクリームやリップクリームで乾燥を防ぐ、タオルの管理、濡れた手を放置せず拭く、そして爪の脇や指の間も丁寧に拭き取る、そういった事を積み重ねていくしかないと思います。
     それでもケアを怠って爪の脇のささくれにばい菌が入って赤みと腫れ、痛みを引き起こしてしまった場合、私は諦めてすぐに抗生剤の軟膏を塗って絆創膏を貼る事にしています。抗生剤はしょっちゅう使うものではありませんが、薬を我慢して悪化させ、また抜爪は嫌だからです。
     
     アトピーの人は私のようにならないように、気をつけてくださいね。 

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト