プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    カポジ

     アトピーの患者さんで「カポジ」と言われている人が時々いるようですが、初めてそれを聞いた時、すごくびっくりしました。

     カポジには2種類あります。
    1)カポジ肉腫
     免疫力が極度に弱った状態で発症するものです。原因ウイルスはヒトヘルペスウイルス8です。主にエイズの末期に起こる病気として有名です。

    2)カポジ水痘様発疹症
     アトピーの患者さんで、皮膚科で言われるのがこの事ですね。原因は単純ヘルペスウイルスです。

     欧米では「カポジ」と言えば「カポジ肉腫」を指す事が圧倒的のようです。私もカポジと聞いた時「カポジ肉腫」だと思ってびっくりしました。
     アトピー患者さんが「私カポジなの~」と言ったりしますが、海外で言うと大ごとになると思いますのでご注意ください。
     ドクターマセソンも日本のアトピー患者さんが
    「カポジって言われました」
    と言うのを聞いて驚いたそうですが、どうやら日本では酷くなったヘルペスの事を簡単にカポジと言うのだ、と認識したそうで今は聞いても驚かなくなったそうです。
     調べると一応Kaposi varicelliform eruption という英名が出てくるので、間違っているとも言えないのでしょうが、世界的には一般的ではないみたいですね。誤解を招くし。

     日本から行くアトピー患者さん、変わった診断名を持ってくる人も結構いるようです。そんなに問題ない診断名ならいいですが、疥癬を「アトピー」と診断されていたりするような誤診は本当に問題だと思います。
     ドクターマセソンはとても慎重に診断します。正しい診断なくして正しい治療は無いからです。
     変わった診断名をお持ちの方、その診断が正しいかどうか、一度立ち止まってみる必要があるかもしれません。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。  
    スポンサーサイト