プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ハイター風呂の注意

     ハイター風呂は帰国後の患者さんにケアの1つとして指示が出るものですが、治療前の方で真似される方がとても多いです。
     ただこれ、すごく注意が必要です。

     ハイター風呂は感染症の「予防」に用いるものであって、「治療」に用いるものではないのです。感染症の治療は基本的には抗生剤で行なうものです。
     
     結構、治療に行かれない方が試して失敗した、という話を聞きます。
     皮膚の状態は渡米前と後とでは全く状況が異なります。渡米前は皮膚が弱く薄くなっていて、とても敏感な状態です。そこに「刺激」のある塩素を使えばそれに反応して皮膚は赤く炎症を起こしてしまう事は多く起こる筈なのです。
     炎症を酷くしてしまえば、逆にアトピーを悪化させてしまうのでかえって危険です。

     よく塩素を抜くようなシャワーヘッドを用いたり、私は渡米前、ビタミンCで塩素を中和していましたが、その方が皮膚には刺激がなくなります。ただし菌の繁殖を促すのでアトピーにとって良い方法でもありませんね。感染症のリスクを増大させる分、水道水に含まれている程度の塩素は必要と思います。

     吉と出る場合は皮膚の損傷が少なく、アトピーの深刻度が低いタイプの人、また回復力が早い人だろうと思います。例えば子供の「汗疹」程度の人です。

     治療前の人のハイター風呂は、リスクが高い事を承知しておいてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。 
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。