プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    時は金なり

     アトピーアソシエイションの治療費は、実は年々上がっています。詳しい事はわかりませんが、聞くところによると私が行った2005年に比べて50万くらい値上がっているようです。
     50万って、少しの金額じゃありません。
     私のブログを見つけて何年も迷っていらっしゃる方もいるようですが、見つけてすぐ行っていればもっと安く、そのまま完治状態に至ってしまえば、もう健康食品だとかアトピー有名病院などにかける費用がかからずに済んでいただろうと思います。

     時は金なり

    と言いますが、値上げの話を聞いてそんな格言を思い出しました。

     現在、正味アレルギー注射の費用位しかかかっていません。春と秋に抗アレルギー薬を飲んでいて、ケア用品はセタフィルシリーズを使っていますが、セタフィルシリーズって医薬品でも高級品でもないので、もう普通の人みたいな感じです。バルトレックスは一日一錠飲んでいます。

     そして何よりもあり難いのは、アトピーから開放されている事です。

     痒くないし痛くない、皮膚も落ちないし、夜も良く眠れます。服を汚す心配もないし、アトピーを気にして遊びや食事を制限する事もありません。消化器もまだ元気な40代なので、何を食べてもおいしいですし運動して気持ちよく汗をかけます。
     そして私は今、新しい事に挑戦しています。皮膚の痒みを我慢し、そして時には掻き毟り、という事に一日の大半を費やしていた日々があったなんて夢のようです。
     渡米時の治療費は確かにかかりましたが、良くなって働けるようになったので、数字だけで計算しても明らかにプラスですし、健康な体になって得たものは計算できないほどプラスです。

     アトピーアソシエイションの治療、また値上げの可能性もあるので、検討している方はそれも考慮して欲しいと思います。安くあげたいと日本でアレコレするのもいいですが、結果どっちが安いか、です。
     ちなみにアトピーアソシエイションジャパンのHPを見ていると、去年より患者数が増えているような気がします。去年は標準治療キャンペーンが大きく展開されたので、その影響のせいか患者数が少なかったのかなと思いますが、また徐々に増えてきているように感じます。ケアホームには定員があります。年末年始など休みを取りやすい時には集中しやすいので、早め早めに行動してくださいね。

    追記

    アトピーアソシエイションから値上げの明細も書いて欲しい、と依頼がありましたので転載しますね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Dr.Matheson  10万円 (患者さんの状態が益々悪くなり、お薬や保湿剤の量が増えています。又、お薬の値段も上がっています)

    Dr.Baker    $1000 (こちらも同じで、アレルギー反応が多い人が増えていて、現在は、ほとんどの人がボトル3本です)

    ケアホーム   $1000 (電気、ガス、食品などすべてのものが値上がりしています)

    航空運賃    $700~800 (前は、8万円くらいでしたが、燃料費の値上げなどで上がっています)

    通訳費用    $300 (時間が掛かる患者さんが増え、又、ガソリン代の値上がりなども含みます)

    AAJ       12万円 (以前は無料でしたが、それでは、明石さんが活動できないとの事で、AAJが独自で請求しています)

    上記の分が値上がりです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    との事です。
    アメリカ、物価が上がっているのですね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。