プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    皮膚を育てる

     渡米治療して帰国後、ケアもしなければなりませんが、ある程度は薬も使わなくてはならない人がいます。多くは行く前の症状が酷いために、あるいはステロイドに抵抗があって躊躇してしまう人がいらっしゃいますが、それは間違いです。
     治療前と後とでは、皮膚の状況が異なります。治療前は大火事(炎症)を起こしていますが、治療後は消火、沈静されています。そして沈静化した間に皮膚は回復していきます。つまり皮膚が沈静化された状態でなければ上手く皮膚が育たない、そんな風なイメージを持ってください。
     ですから皮膚に炎症を起こさない事と、皮膚を育てるためのケアがとても大切なのです。ドクターが適時ステロイド、必要時、抗生剤を使う、というのは、この沈静化された状態を長くもたせる為です。
     たまにショートバーストすると治りすぎて怖くなる、という話も聞きますが、沈静化された状態を作り出すためには必要な事です。ステロイドが怖い点は、あくまで副作用であり、主作用である炎症を抑える作用を怖がる必要は無いのです。
     ですから帰国後は、出来るだけ刺激を避け、炎症がない状態を長く続ける事が大事なのです。

     帰国後は皮膚を「育てる」という風にイメージするとわかりやすく大事に出来るかもしれません。
     皮膚を育てるのは、すごく病弱だけれどきれいな蘭を育てるのと同じようなものです。そしてあなたは蘭を育てるのは初めてだったらどうしますか?
     右も左もわからないので、 当然ながら専門書を読んだり、専門家に育て方を聞いたり、毎日観察して水や栄養剤を使い、害虫や病原菌が発生したら薬を使う、温度や湿度にも気を配り、埃を取ったり土を観察したり、これでいいのかな?と本の写真と見比べたりするでしょう。

     皮膚も同じなんです。

     皮膚を育てるのは初めてなので、専門家、つまり明石さんやドクターを頼る必要があるでしょう。何しろ初めての事なのですから、正しかったかどうか、進捗状況(生育状況)を確認してOKをもらっていってください。

     皮膚が育ってくるとどんどん丈夫になってきますし、ステロイドも不要になっていきます。ですがそれまでは、大事大事にしてあげてくださいね。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    ※ メールフォーム、あるいはコメント欄に記載のメールアドレスに返信しても、その後ご連絡をいただけない事があります。私からのメールはフリーのgooメールを使用していますので、もしかしたら迷惑フォルダに入ってしまう事があるのかもしれない、と思います。メールは普通当日か翌日には返信していますので、もしメールが来ていないようでしたら、迷惑メールのフォルダを探してみて、それでも無いようでしたらもう一度ご連絡ください。
    スポンサーサイト