プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    嗜癖的掻破

     yahooニュースのこんな記事が出ましたね。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000509-san-soci
     嗜癖的掻破かぁ・・・。またストレスの話と標準治療を勧める話ですね。責任転嫁です。
     こういう記事を読むと、本当にやるせない気持ちにさせられます。

     最近思うのは、多分、痒みの原因って主に感染だと思うのです。よく傷口にばい菌が入って痒くなるっていうアレ。それがアトピーの場合全身に起こっているのですよね。汗かいて痒くなるっていうのも、皮膚に雑菌が繁殖するから痒くなるのだと思います。
     もちろんそこにアレルギーが絡んだりしてもっと複雑になっているのですけど。
     
     こういう記事が出たり、お医者さんにそう言われたりすると、
    「掻く自分が悪いんだ」
    って思って自分を責めてしまう。そういうスパイラルに入る原因になり易いので心配です。
     これを読んでいる人たちは、そういうスパイラルに入らないで欲しいです。だって患者は悪くないのですから。

    医師には「嗜癖的掻破」なんて言う前に、患者の体に何が起こっているのか、心じゃなくて体にもっと興味を持ってもらいたいです。といっても慢性病に医師が心療内科を勧めたり、心の話を言い出す時って現実的に「お手上げ」を意味するのですけどね。

    この記事を読んで日本のアトピー治療に未来は暗そう、というのが正直な感想です。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    ※ コメントくださったkatoさん、メールを二回送りましたがご返信がありません。もし届いていらっしゃらないようでしたら、迷惑メールフォルダのチェックと、それでもダメでしたらもう一度、ご連絡ください。メールフォームは画面の左の下の方にあります。コメント欄でも構いません。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。