プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    帰国後の行方

     帰国後、治療が上手くいかなくてドロップアウトしてしまうケースについては既に何度も書いていますが、それでもまだ書き足りないと思って。
     帰国して悪化すると「自分は治らない組だったんだ」と、諦めてしまうケースが後を絶たないからです。

     治療前は皆さん、かなり苦しい生活をしていらっしゃるので「渡米治療」が輝いて見えて、どうにかそこに向かって頑張ってくれるのですが、帰国後、悪化すると途端にトーンダウンしてしまう、という感じのようです。

     でも!「渡米」はスタートなんです。

     向こうでの治療は例えて言うなら大火事を消火するだけで、火元の検証や見えないくすぶりはわからずに帰国します。もちろんアレルギー検査・治療はしてきますが、そこでわからなかった要因については帰国後に対処するしかありません。
     ですから帰国して悪化するのは、むしろある程度は当たり前の事なんです。
     それでも一ヶ月の滞在ですっかり治ってしまう人も少なくなく、どうしてもそういう声が取り上げられやすいので、そういう人と比較して
    「自分は治っていない。。。治らないんだ・・・。」「治ってもこんなもんなんだ・・・」
    と肩を落としてしまうようです。

     私は自分が治療した時に、これは完治状態に至るまで素人の人だと大丈夫だろうか、と思いました。おそらく真相がわからないままドロップアウトしてしまう人が相当数いるだろうと思ったので、このブログでは出来るだけ噛み砕いて説明してきたつもりですが、やっぱり帰国後の悪化って、すごく心が動揺するので、聞こえなくなっちゃったりするんですよね。

     でも将来の事を考えても、火種は残さないでもらいたいです。

     何が悪くて完治状態に至らないのか、その火種を残したままだと、将来、もしかしたらそれが噴出す可能性があるからです。その時、ドクターマセソンが既に引退、あるいはこの世に既にいなかったりしたらどうするのでしょうか?
     日本型アトピーを治療するのはとても難しいのです。一度の渡米で上手く行かなかった人たちの多くは、難易度が元々高く日本で治療できる医師を探すのは正直、絶望的だと思っていいと思います。それ故、食い下がってもらいたいのです。
     
     私の感覚からすると現地滞在一ヶ月で完治状態に至ってしまう方がむしろ珍しいと思います。ですから治らないからと落ち込まないで、素直に相談してください。
     それと渡米前が悪すぎるせいか、6割アップ位で良しにしてしまうのもやめてください。将来に向けて火種を残す形になります。

     相談の仕方ですが、少なくとも一ヶ月に一度以上は明石さんに相談して、進捗状況を確認して欲しいと思います。何をどう相談していいのかわからない人は、症状が出ている所は予め明石さんに写真を送っておく、というのも良いと思います。赤くなっていなくても、乾燥している所、時々ブツブツしたり赤くなったりする所などでもいいです。そうしておけば、明石さんがTacで様子を見ればいいのか、この症状で考えられるトリガーが何か、どのタイミングでドクターに再診を仰ぐのか、などアドバイスがもらえます。
     とにかく漠然と話すのではなく、カウンセリング終了後、すぐに具体的に行動できるようにアドバイスをもらうのが鍵です。そしてカウンセリング終了の際、次のカウンセリングの予約まで入れてしまうといいと思います。
     本来であれば、ドクターに週に一度、あるいは月に一度、など、まだ通院の必要があるものなんです。でも場所がアメリカだから通えないのでせめて明石さんのカウンセリング位は定期的に受けて欲しいのです。

     それと大事な事ですが、都合の悪そうな事を隠さないでもらいたいのです。
     例えば職場に明らかにトリガーがある、でも職場移転できない、どうするか、AAJにそれを言わない、という行動をとるのが普通です。
     でもそこをあえて話してもらいたいです。
     というのも皆、似たような状況でどうしようもないものを抱えていたりするものです。でもそこで正直に話してもらえば、その範囲内で対策のアイディアを出しあえたりするのです。例えば職場を変えられないのなら、せめて皮膚を保護するために手袋をする、とか、皮膚を覆う服装をする、とか、汗対策をどうするか、など、その中でどうしたらいいかを話す事が出来るのですが、
    「大丈夫です」
    と言われたら、カウンセラーはそこから先、何も言えなくなります。その患者さんにとってメリットはありません。
     ですから洗いざらい、まずは話してください。

     最近は再渡米の相談も少しづつ増えてきているようです。実は個人的にはむしろ良い事だと思っています。費用面など確かに大変ですが、多分泣き寝入りしていただろうという人が、もう一度向き合おうとしてくれた、という証拠でしょう。そして本当に再治療が必要な人が再渡米になります。
     渡米前、あれだけ酷い状態なのですから、全員一度の渡米で完治状態に至る、なんて事は元々無理な話なのですから。
     でも再渡米は簡単にするものではありません。まずは日本にある問題は全部潰して、
    「これだけやりました、でもダメでした。ドクター、どうすればいいですか?」
    というのが再渡米です。日本にある問題が潰せていないと、帰国後同じ問題で再発するでしょう。だとしたら費用も時間も勿体無いです。
     その為には明石さんに十分相談して、それでダメだったら明石さんの方から再渡米を勧めてくれます。
     
     再渡米した方に話を聞くと、ドクターは再渡米の場合は一度目の渡米とはまた違った視点から見てくれるそうで、一度目の渡米にはしなかった検査などをするそうです。その時に新たな問題が発覚したりして、それに対してまたちゃんと治療してくれます。

     ですからまず1人で落ち込まないで、相談してください。今からでも遅くはありません。
     11月に講演会がありますからまず講演会を目標に頑張る、というのもいいと思います。ドクターに良くなった姿を見てもらいたい、そんな動機でいいです。
     で、もし上手くいかなかったら、やっぱりドクターに講演会の時に訴える機会があります。講演会の後、ドクターをつかまえて訴える事が可能です。診察はカルテを見ながらじゃないと無理なので出来ませんが、仮にその後、再診の写真を送ることになっても、実際、姿を見てくれているのといないのとでは違います。上手くいっていない人はドクターの記憶にも残る筈ですから、再診の目も変わってくるかもしれません。
     とにかく上手く治っていない人はもう一度、アトピーに向き合ってもらいたい、そう思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。

    業務連絡(?)です。
    9/12にメールフォームからメールをくださったMさん。昨日中に返信しましたが届いていますか?私のアドレスがフリーのgooメールなので、もしかしたら迷惑メールに入っているかもと思いました。届いてなかったら迷惑メールを探してみてください。それでもなかったらもう一度メールフォームからご連絡ください。
    スポンサーサイト