プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    包帯ぐるぐる巻き療法

     アトピー有名病院では、体の広範囲に薬を塗って包帯をグルグル巻いて浸透性を高めるような治療をしている所があると聞きます。この療法、ODT(密封療法)といって、私が看護学校に行っていた時の教科書に載っていました(20年以上前の話ですよね)。という事は、大昔からある療法なのでしょう。以来、日本の治療が進歩していない証拠なのでしょう。
     おそらく元々この療法は、湿布のように局所的に狭い範囲内だけに薬を効かせたい時用の療法なんだと思います。
     私がアトピー有名病院に行かなかったひとつの理由は、この療法をやっていたからでした。ステロイドを全身に外用薬で塗りたくってラップを巻いたり包帯を巻いたりして浸透性を高める位なら、どうして内服薬を使わないのか、それが不思議だったからです。ずいぶん非合理的だと思いませんか?非合理的な治療をする所には行く気が起こりませんでした。
     今思うと、本当に行かなくて良かったと思っています。

     このODTによる治療をした事がある患者さんがたくさん、渡米治療に行っています。聞くところによると、皮膚が薄紙のように薄くなってしまい、すごく皮膚が過敏になってしまいます。その上、リバウンドの出方が普通とは違う事があり、通常は渡米中の一ヶ月でリバウンドはドクターが納めてしまいますが、そうした治療をした方の一部は帰国後も期間をおいてリバウンドが起こる事があり、ドクターもその治療をした患者さん達の場合は警戒してより注意深くなると聞いています。

     同じステロイドでも内服薬の場合は、投与された量が全量入り、何時間で排泄されるかがわかります。けれど外用薬はそれがわからないのです。薬によって、皮膚の厚さによって、またODTをやった場合などによって投与量が違い、どれ位体内に吸収されたかが全くわからないですよね。それが出来ないと、管理が難しくなるのです。

     薬の投与方法はいくつか種類があります。経口、外用薬、注射も皮下、皮内、筋肉、血管などなど。ドクターは渡米してステロイドを投与する際、点滴という方法を用いず、筋肉注射をします。ステロイドを点滴で投与すると副腎に強すぎてしまうそうで、約4週間で排泄されるという筋肉注射を用います。
     点滴、どうしてこうも日本人の医師にも患者にも人気があるのだろう、と私は常々思っていました。患者さんも点滴されると安心する人も少なくなく、医学的に本当に必要かどうか私はよく首を傾げていました。
     アトピー患者の場合、病院でステロイドを点滴された事がある人も結構いると思いますが、そういう人の中には副腎がそれでダメージを受けたせいか回復が遅れる人もいるという話も聞いた事があります。
     点滴は血中濃度が急速に上がり急速に下がる事が多いため、ピークの調整など細かい配慮が必要です。アトピーのような病気には、点滴は不向き、と思います。

     今でもアトピー治療にこのODT(密封療法)やっている所、多分あるんですよね。。。漢方薬でもこの方法やっている所も多分あるでしょう。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト