プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    トリガーが見つからない2

     3の空気中にあるアレルギーに関してですが、トリガー探しは気をつけている、トリガーになりそうなものは除去している、にも関わらずなかなか良くならない、というケースです。このケースの場合はまず本当にトリガー探しがきちんと出来ているか、明石さんに確認を取ってください。顔の症状が強い人が多いです。こういう人の場合、再渡米を視野に入れた方がいい場合が多々あります。ただすぐに再渡米、と焦るのではなく、問題を先に整理してください。この際、客観的な視点が必要になりますので、AAJ側と相談してください。
     見ていて思うのは、アレルギー免疫療法の効果の出方の大事な要素に「年齢」があります。若い人は効くのが早いこと早いこと!確か幼児に対する研究結果でも出来るだけ早い内に始めた方がいい、という結果が出ていたと思います(多分、どこかに以前書きました)。なので空気中のアレルギーでトラブルが続く人は、年齢がいった人の方が多いです。
     ですから現在検討中の人は、1年たてば1年なり、3年たてば3年なりの経過の速度になるという事です。治療は5分でも早い方がいい、という事をお忘れなく。

     トリガーを見つける事は元々難しいものです。でもAAJには既にノウハウがあり、確かトリガー表みたいなものもあったと思います。ですから相談しながら見つければ見つける事が出来ます。

     それと一ヶ月であっさり治ってしまった方たちもトリガーが発見できない、という部類に入ります。そういう方たちの中には若干の不安を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。でもアレルギー治療やアトピーの知識はあるので、再発してきた時に対処すればよいのです。AAJに相談する事も出来ますしね。
     ですから渡米前と後とでは、状況が全く異なるのです。
     
     渡米前は「自分だけは今までになかったケースになるかも」と思う人も多いかもしれませんが(私も治療前はそう思う事もありました)、そんな事はありません。あまり考えすぎると「自意識過剰」になってしまうかもしれません。治療への最後のジャンプは目をつむるしかない、私はそんな風に考えます。

     アトピーは治してしまうと本当に楽です。
     渡米後、相談する勇気がもてなくて1人で悶々としているのは、時間がとてももったいないと思います。また治療後、トリガー探しを怠り、いつまでもTACに頼っている人もいると聞きます。残念な事です。治療費をフイにしてしまうのに等しい行為だと思いますから。
     せっかくの治療を生かすも殺すも患者本人次第だと思います。
     ですから治療に行く時は大きな決断で、そして貫く覚悟を持って行って欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント