プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    トリガーが見つからない1

     「トリガーが見つからない人は結構いますか?」

    というご質問を頂きました。

    トリガーの問題は次の三つの内のどれかに必ずと言っていいほど当たります。

    1)トリガーを見つける努力をしない。
    2)トリガーの除去をしない。
    3)花粉など空気中にあるアレルギーに反応していて除去しきれない。

     
     1と2は男性に多いタイプです。トリガーを見つけるのは簡単ではありません。
     1については、例えば手のトリガーを見つけようとする場合、手が触ったものを全て書き出す、あるいは思い出して判定していく努力をしなくてはなりません。部屋や職場にある物の数は膨大で、気が遠くなるほどです。
     すると、諦めちゃうんですよ。
     でも!ここでメゲてはいけないのです。手は体を触りますから、体の他の箇所へアトピーが飛びます。そして徐々に広がり悪化、という原因になります。
     トリガー探しにはコツがあります。
     例えば手湿疹の場合ですが、触る頻度の高いものからチェックしていきます。しょっちゅう触っている物と一日一度しか触っていない物、そういったものがあります。頻度の高い物の方が確率が高いです。すると実はそんなに数は無いように思います。アルコールスプレーとティッシュをポケットに入れて、触ろうとするものを先にアルコールで拭いてみる、という手もあります。何に触るか意識できるし、色々きれいに出来ますよ。
     そんな感じでコツがあります。ですからそういったアドバイスをどんどん受けて欲しいのです。AAJの明石さん曰く、
    「治る人はどんどん質問してきます」
    だそうです。

     2のトリガー除去をしない、というのは、難しいケースがあります。例えば職場にトリガーがあった場合、職場を移る事が簡単でしょうか?業務内容にあったとしたらどうでしょう?また自宅にあった場合、引越しが可能でしょうか?
     つまりトリガー判明までいっても、除去できるかどうか、という問題です。
     そこで完治状態に至る事を諦める患者さんもいます。ただその場合、アレルギー免疫療法の注射だけは続けてもらうように話し合うそうです。
     というのも、例えばハウスダストの多い職場から離れられなくても、ハウスダストがボトル内に薬液として入っていますから、何年かして注射薬の効果がはっきり現れてきた場合、良くなるかもしれないからです。ただトリガーから離れた環境を作れない場合は、常にアレルギー反応を起こしっぱなしの状態が続くので、効果の発現が遅れたり弱かったり、という事は考えられます。それでも注射を打ち切ってしまえば可能性がなくなるので、どうにか続けてもらう方向で頑張ってもらうべきです。
     ただやはり、人生をかけて治療に行く人が多いので、トリガー除去も初心の通りに思い切った行動に出るべき時は出て欲しいな、というのが願いです。

     アレルギー治療は万能ではありません。アトピー体質も変わりません。ですからまずトリガーを見つけ除去する、という事は、きっちりやってもらう必要があります。

    続きます。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント