プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    ストレス

     知り合いからアトピーが治った人の話を聞きました。

     その人は女性だったという事ですが、悪化して最後、顔が腫れあがってしまい目が開かないほどになってしまったため、仕事を退職して医大に入院したという事でした。その後、退院したらすっかり治ってしまい現在まで再発していない、という事でした。
     話してくれた人は
    「仕事のストレスが原因だったのかな」
    と言っていました。
     
     でも私はおかしいな、と思いました。重症アトピーの場合、ステロイドだけであっさり治る人よりも治らない人の方が多いからです。どこかにトリガー(アトピーの引き金)があった筈なのです。
     その女性の仕事を聞くと銀行員だったというので、おそらく職場にトリガーがあったのだろうと私は推測します。銀行員で多いのは、お金を触る事からお金に付いたバクテリアが手を介して全身に広がる、というパターンです。スーパーのレジの人にも手湿疹が多いのに気が付いていますか?お金は汚いのものなのです。
     それともう1つ、職場の空調、カーペット、共有のパソコンなど職場の設備による原因です。ただ彼女の場合、退院後再発していないので、空気中の花粉・ハウスダストなどのアレルギーが原因という事は考えにくいと思いました。空気中のものがアレルギーの抗原の人は、退院後もハウスダストなどはいるので、再発してくる方が自然だからです。という事は、彼女の場合、職場にある物に反応していた、と考えられます。

     一般の人の認識だと職場のストレス、で片付けられてしまうだろうと思うし、おそらく医大の医師たちもそんなところだろうと思います。
     でもどんな病気もそうですが、「ストレス」を原因の第一に挙げてしまう考え方は科学的ではありません。むしろレベルが低い考え方だろうと思います。ですから医師の技量を見る時の基準にしてもいいと思っています。また民間療法などの判定にも使えます。
     ストレスはどんな人にも大なり小なりあるものです。でも病気になる人とならない人がいる、その違いが何なのかを具体的にしていく事が、医学なのではないでしょうか。
     
     この話の銀行員だった女性の場合、トリガーをはっきりさせられれば、仕事を続ける事が可能だったかもしれません。また退職した現在でも、トリガーが判明していない以上今後、再発のリスクは依然あります。
     職場をやめた、あるいは引っ越してアトピーが良くなった、という人でも、10年経ってまた再発した、という人は大勢います。渡米治療のご相談を受けた方の中にも何人もいらっしゃいました。将来にわたってアトピーに振り回されたくない、と思うのであれば、トリガーの判明は不可欠です。なぜ治ったかなぜ悪化したかをストレスのせいだけにしていたら駄目なのです。
     
     調子の悪さを「ストレス」だけで納得しないで、もう一歩踏み込んで考えてみてくださいね。


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: ありがとうございます

    greenleaf さん

    おぉ!良かったですね。
    多分結構8月チームは枠が埋まってきているのではないかと思いました。

    エントリーしたならあとは、完治まで突っ走るしかないですね。
    1人で治療するわけではないので大丈夫。
    私もお力になれる事があればご協力しますのでお気軽にご連絡ください。

    ミクシィの件はメールアドレスにお送りしますね。

    ありがとうございます

    お返事ありがとうございました。受信制限していたもので申し訳ありません。
    今後はyahooのフリーメールに送っていただけますか?
    それで昨日の今日で急ですが、なんと8月に渡米治療を受けることにしました。
    今日契約してエントリーしていただきました。
    と速攻で決めた割に不安で一杯です。。。
    一番の不安はアレルギー治療で悪化したらどうしようと言うことです。
    一度日本で免疫療法をやってものすごく注射の濃度を薄くしたのに悪化してしまい治療断念したことがあるので。
    まあ免疫療法の種類が違うのでどうなるのか分かりませんが。

    出来ましたら患者のコミュニティを教えていただけますか?
    よろしくお願いします。

    Re: タイトルなし

    柴犬さん

    こんにちは。

    トリガーの問題は次の三つの内のどれかに必ずと言っていいほど当たります。

    1)トリガーを見つける努力をしない。
    2)トリガーの除去をしない。
    3)花粉など空気中にあるアレルギーに反応していて除去しきれない。

    見つからない、といって悩んでいる人もいる事は確かですが、そういう方は声を上げない人です。
    私がご相談を受けた方の中で、この三つに当てはまらなかった人はいませんでした。

    迷われる気持ちもわかりますが、時間もたってしまいます。
    年を取れば取るほど治りにくくなります。
    その事も念頭に、検討してみてください。

    こんにちは。
    例えば、トリガーがずっと見つからないという人は結構いらっしゃるのでしょうか。
    渡米治療を考えていますが、トリガーが見つからなかったら全て水疱に帰してしまうのでは…
    と思うとどうして一歩前に進めません。

    Re: なるほど

    greenleaf さん

    初めまして。
    メールしたのですが、PCからのフリーメールだったせいかメールが返ってきてしまいました。
    こちらからお返事しますね。

    花粉症とアトピーの発症というと、空気のアレルギーが強いタイプかなと思いました。
    なのでこれ以上ジプシーしても厳しそうですね。ストレスでもなさそうですね。(^^)

    保険の事ですが、最近は事情が変わってきているようで、私は全然わからないんですよ。
    お役に立てなくてごめんなさい。
    渡米治療が決まったら、渡米治療のコミュがありますので、そこに渡米にまつわる情報が色々あります。検討中の方は入れない事になっていますので、もし決まって興味があればご紹介します。
    その際はPCメール可能なメルアドでご連絡くださいね。

    なるほど

    はじめまして。
    今渡米治療を検討してる者です。
    私は30過ぎて突然花粉症とアトピーを発症し、あらゆる治療をしてきましが良くならなくて渡米治療に行き突きました。
    そうそう私も原因はストレスだといろいろな人から言われてきましたね。
    ストレスってホントに曖昧な表現です。根拠もないからこれを原因としてしまうとはっきりした治療方法がいつまでたっても見つかりません。
    なんとなく良くなったり悪くなったりを繰り返すだけで埒があきませんし。

    今は金銭的なところで悩み中ですが、ゆかりさんは保険は使われましたか?
    私は日本の医療保険には入っているのですが、一度アトピー入院で使っているので五年は全ての肌疾患には使えないことになっています。
    アレルギー治療で使えるかどうかと言った感じです。
    海外旅行の傷害保険も入るつもりですが、こちらは保険がおりる可能性は低そうですよね。治療目的というのはもちろん伏せて行くつもりですが。

    皆さん保険の内容はそれぞれ違うと思いますが、そこら辺はどうされてるのかなと思いまして。
    出来るだけ情報収集したいと思っていますので何かアドバイスあったらよろしくお願いします。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント