プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ニュース雑感

     2週間ほど前でしょうか。
     アトピーのニュースが出ていましたね。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     アトピー性皮膚炎を慢性化させる原因となるタンパク質を、佐賀大や九州大、岐阜薬科大などのチームがマウスの実験で特定したと、11日付の米医学誌で発表した。新たな治療薬開発につながる可能性があるという。

     チームによると、アトピー性皮膚炎は一度発症すると何年も症状が続くことが多いが、慢性化の仕組みはよく分かっていなかった。

     チームは、アレルギーの元になる物質(抗原)が体内に入ると、「ペリオスチン」というタンパク質が大量に作られることに着目。ペリオスチンは皮膚の組織にくっついて炎症を引き起こす別のタンパク質を作り出すことで、抗原がなくても炎症を継続させていた。

     チームはアトピー性皮膚炎の患者の皮膚で、ペリオスチンが強く働いていることを確認。遺伝子操作でペリオスチンを働かないようにしたマウスにハウスダストの成分となるダニの抽出物を塗っても、アトピー性皮膚炎に似た症状は表れなかった。

     佐賀大の出原賢治教授(生化学)は「ペリオスチンの作用を抑えることができれば、副作用の少ないアトピー性皮膚炎の新薬を開発できるかもしれない」と話した。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     で、私の感想は・・・。

     だといいね~。

     という感じでした(笑)。

     今、既にわかっているのが「フィラグリン」というタンパク質の存在です。それと去年のドクターの講演会の時に、もう一種類のバリア機能を果たす物質が発見されそうだ、という話を聞きました。
     この「ペリオスチン」それとは関係なく、慢性化の仕組みに関係するタンパク質、という事ですかね。
     バリア機能とは違うアプローチのようです。

     渡米治療で言うところの「アトピー癖」がこれに関係しているかもしれません。私が6年前に渡米した時から「アトピー癖」は言われていて、皮膚がアトピーを覚えていて、トリガーがなくても症状がなかなか取れないけれど、外用ステロイドの副作用の「皮膚を薄くする」作用を逆利用して、塗り続けていくと固くなった皮膚を柔らかくして、同時に徐々に出なくなる、と言われてきました。ドクターマセソンはタンパク質が発見される前から症状に着目して気が付いていた、という事になりますね。
     逆を言えば、新薬が出来なくてもステロイドを上手に利用すればいいって話になりますが、ま、早く治るようになるかもしれませんから、薬がないよりはあった方がいいでしょう。
     でもこれ、抗原がない事が条件になりますから、アレルギー治療が済んでいない、トリガーに接触している限りは効かない薬になるって事でしょうか。

     アトピー研究は日々進んでいて、日本ではこのニュースが大々的に報道されましたが、日々世界中からいろんな研究が報告されていて、たまたまこれが日本発、というだけの事です。日本発のものは大々的に報道されますが、例えばフィラグリンの話は一般向けに大々的に報道されたわけではなかったですよね。なのでこの「ペリオスチン」1つだけが慢性化の仕組みに関与しているとも思えないので、この物質の発見が即アトピー一発治癒につながるというわけでもなさそう、と私は思っています。
     このニュースの感じだと何となく、ステロイドの代用薬をどうにか作れないか、というニュアンスを感じました。という事は、プロトピックと発想は似ているのかもしれません。日本の慢性アトピーの場合はステロイド依存の問題が最初にあるため、まずはそこの過ちを認めてくれない限りどんな新薬が出ても、かなりの割合で効果がない人が出てしまうと思います。
     ただ研究が日々進む事は良い事だと思いますので、期待はしてないけどポジティブなニュースと言えるかな。

     今年の5月でしたが、「NF-κBデコイオリゴ」という炎症を抑える作用を持つ物質があり、それをベンチャー企業と塩野義製薬が共同で軟膏を作る、というニュースが出ていました。リウマチとアトピーを対象にしているという事でしたが、軟膏ということはアトピーかな、と思いました。これは要するにステロイドの代用品、という事かな。きっとその内、プロトピックのように鳴り物入りで発売されるだろうと思います。

     日本のアトピーも克服される日が来るだろうと期待しますが、その日が明日、という事はなさそうです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。