プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    生理用のステロイド

     治療後帰国の際、最近は機内の乾燥で悪化するのを防ぐためと、女性は生理の時に悪化した時に少量(多分デルタゾン10mg4日、それを何セットか)持たせてくれると思います。でもどうやらそれで問題を先送りにしている方がちらほらいらっしゃる事が耳に入ってきました。
     それはダメなので、ちゃんとドクターの再診と明石さんに相談してください。

     おそらく多いパターンとしては、
    ・渡米前の状態がとても悪い。
    ・アレルギー治療のボトルの数も多い。(アレルギーが酷い)
    ・帰国後、少しずつ悪化する
     →トリガーを自分なりに模索し除去してみる
     →イマイチすっきり治らないので、空気中のアレルギーかな、と思う。
     →その内、生理の時期が来るので、デルタゾンを指示通りに飲む。
     →何となくアトピーが軽減する。
     →軽減後、それがしばらく続いた後、少しずつまた、悪化し始める。
     →またトリガーを自分なりに模索・・・以下、同じサイクルを繰り返す。

    というものです。そしてそれが続くと、「やっぱり渡米しても治らなかったか」と、諦める。という風になってしまい、ドロップアウトへ、となってしまいます。

     ここで間違った行動は何か、というと、明石さんに相談しなかった事です。
     
     重度のアトピー患者は、治った事がない、あるいは治った事があってもそれは偶然に治ったので、なぜその時治ったのかわからない筈なのです。
     つまり完治までの道程が真っ暗なのです。
     私も帰国後は手探りでした。ドクターからの再診の返事を頼りに自分なりに考え、夫に協力してもらいながらやりました。明石さんのカウンセリングがセットではなかったので、頼る事をしなかったので、ずい分遠回りをしたと思います。
     今思えば、良くなるプロセスがわからなかったので、保湿が大事、とか、トリガー除去が大事、とか、頭でわかっていても体験がないので、とにかく半信半疑でした。
     それと完治を知らないので、どこが100%の状態なのかがわからなかったです。
     
     アレルギー治療のボトル一本の私ですらそうだったのですから、3本の人や脱ステを繰り返して、プロトピックも塗りまくっていて、寝たきりに近い状態だった、とかいう人でしたら、帰国後はもっともっといろんな困難があるだろうと思います。
     その行程をAAJのHPや公開されている私信のブログ情報だけを頼りにやっていくのは、元々無理な事だろうと思います。
     
     ドクターの定期検診はありませんから、自分が問題に気が付いて声をあげなければ、そのままにされてしまいます。でも例えば脇や腕の内側、手先のアトピーなど、アトピーが良く出る所だと「ま、これはアトピー癖かな」などと自己判断してしまい、せっかくの明石さんとのカウンセリングでも
    「特に問題ありません」
    などと答えてしまうんじゃないかと思います。
     でも絶対ダメです。

     多くの人は問題の大きさを測る事は出来ません。それが出来るのは知識を持った人たちです。
     ですから必ず明石さんとの定期カウンセリングの時などに「報告」という形で良いので、伝えて欲しいのです。それで問題ない、と判断されればそれでいいし、そうでなければドクターの再診を、とか、トリガー除去や薬の使い方などのアドバイスがあります。待つしかない、と判断されれば、そのまま自己ケアはOkという事で安心して、それまで通りにすればいいのです。

     時々問題を手放そうとしない人がいます。アトピーは皮膚に出る病気なので、治っているのか治っていないのか明らかなのに、なぜか合理的に行動できない人たちがいます。でもそれって傍から見るとすごく時間と体力の無駄に思えます。
     特にこの治療はコストもかかります。治療後一年を越えてしまえば、ドクターの再診費用も明石さんのカウンセリング費用もまたお金がかかってしまいます。ですから一年以内に出来るだけ決着をつけてしまった方がいいのです。
     多くの人は治った事がないので、わからない事がわからない、という状態だろうと思いますが、そういう時は片っ端から聞くしかないのです。それが正解の行動です。

     アトピーはみんな治る病気です。治らないのは、何かに問題があるのです。この意識を忘れないでください。それを見つけてもらう事は、恥ずかしい事でも何でもありません。
     どうか不安を胸にしまっておかないでくださいね。

     生理用のステロイドは、何年も使うものではありません。またアトピーが悪化した場合は、中途半端な量のステロイドを使うより、ちゃんとショートバーストした方が良かったりします。ですから治っていない人は、相談しましょうね。

     明石さんに相談するのは言い辛い、などの人は、とりあえず私にメールくださっても構いません。仕事を辞めたので、今、ちょっと時間があるのです。
     
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
     
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: 質問です

    たきさん

    初めまして。
    脂性の方ですね。私とは真逆なので、私が使っているものではダメですね。

    シャンプー成分の中に「ラウレル硫酸Na」がしっかり入っているタイプのものがいいと思います。
    脱脂力が強いので向いています。私はサクセスの頭皮洗浄ブラシの柔らかめのものを使っています。毛穴の汚れが取れるようで、抜け毛が減ったような気がしています。
    また「ラウレル硫酸Na」がしっかり入ったものでもダメでしたら、バルガスも評判がいいので試されるといいと思います。
    シャンプー後、リンスは不要です。シャンプーだけで十分ですよ。

    ニキビは皮膚科に行く方がいいと思います。今は結構良い薬が出ています。
    アメリカでは既に、飲めば一生ニキビにならない、という薬があると聞いています。薬品名は知りませんが。ですから皮膚科に行くのが早いです。
    スキンケアは洗浄力を売りにしている製品を使うといいと思います。そして脂質は補う必要はありません。ですから洗いっぱなしでいいのです。
    生理に影響されて皮脂の量が変わるようでしたら、2~3種類使い分ける必要があるかもしれません。

    質問です

    はじめまして。
    10代女です。
    頭皮が脂漏性湿疹?ニキビ?が数年前からできてなおりません。正確にいうと五年くらいです。そのせいで皮脂の塊がとれたり、毛がぬけたり、ふけがでたりしています。
    また顔の脂漏性湿疹?ニキビ?コメドも治らず困っています。

    お使いの基礎化粧品およびシャンプーを教えていただけますか?参考にしたいです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメさん

    差し支えなければメールアドレスを教えて頂けますか?

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    EDIT COMMENT

    非公開コメント