プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    自分に自信を持つために3

     親子の関わりは人それぞれです。
     私の人生の挫折は、その100%が親か私のどちらか一方だけが原因ではありませんでした。私には私の事情があったと同様、親にはその親がいて、それぞれ育った時代と取り巻く人たちがいました。ですから私に起こった出来事は、実はパズルのピースが合うように色々な事が組み合わさって起こったのです。人が完璧ではない以上、全ては仕方のない事だったのです。

     今は私の兄弟や友達が親になっています。見ていて思うのは、子育てには上手い下手が確実にあります。
     私の両親は下手な方だったと思います。
     でも他の人に比べて心の優しい思いやりのある人達だと思います。私は彼らの愛情を不器用な形で受け取ったのです。それでもそれが届いていたのは幸いでした。私がボロボロになっても生きる道を選んだのは、彼らを悲しませたくない一心でした。私が自殺したら彼らが悲しむ事を私は分かっていたのです。それを多分、愛情と呼ぶのだと思います。
     両親の子育てが下手だったせいで私の人生のハードルは上がってしまいましたが、私が今、こういうアトピーのブログを発信し続けているのは、心が優しい両親の性質を受け継いだ所があるからだろうと思います。
     私の両親は長所も短所も持ち合わせる「普通の人」だったのです。

     アトピーの劇悪化は人生を複雑にします。
     一度にいろんな事が起こる人も少なくないだろうと思います。
     完膚なきまでに叩きのめされるような気持ちになる人は、私以外にも必ずいると思います。

     「挫折は人を強くする」という人がいますが、はしょりすぎだと思います。挫折は克服して初めて人を強くするものであって、挫折だけでは屈折した人になるだけです。負け戦ばかりでは、心は折れ、自分なんか信じられなくなります。自信を持つには勝ち戦を経験しなくてはいけません。
     私がなぜこれほど強く、アトピー完治を皆に望むのか、という理由の1つがこれです。

     この世に生まれてきたからには、生まれて良かった、と一度は思いたくありませんか?

     挫折するのはいいのです。でも挫折したら克服して欲しいです。「成功体験」を味わわなければ自信を持つ事は出来ません。
     病気は人を弱くしますが、アトピーが治る病気だという事は幸いです。ですから逃げないで、正面から取り組んで自分に自信を持てる人になって欲しいと思います。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 私もなかなか・・・

    Neigeさん

    あらあら、そんなお気持ちなんですね。

    やりたい事の内で出来そうな事は順番にやってみたらどうでしょう?
    頭と心の一致を待つ事もないかなぁ、なんて・・・。
    私は今年、タトゥーシールを貼ってみようと思っています!
    一週間も貼っていられないかもしれませんが、
    ささやかなやってみたい事なのです。
    Neigeさんもご一緒に、今年の夏は何かささやかでいいので、
    やってみたい事、やってみませんか?

    私もなかなか・・・

    去年の今頃、まさに渡米しようとしてました。今月でスカイプ面談も終わりですし、順調に回復しており、ショートバーストになったことはありません。

    ですが、生まれてきて良かった、と思ったことはないですね。
    さすがに今は、死にたい、と思うことは無くなりました。ただ、積極的に生きていなくても良いかな、というのがあります。アトピーがこんなに良くなった今でも・・・。
    死ぬ時がわかれば、やりたいこと全てやってから死ぬのに・・・とよく思っています。
    人生でも楽しいことの多い10代20代が思い出したくもないほどツライ日々だったことを最近良く思いだしてしまい気分が落ち込みます。
    新年度になったせいかもしれません。ニュースなどで、新入生や新入社員の話題を見ると、その当時の自分がいかに悲惨だったかを思い知らされます。
    後ろばかり向いていてもダメなのもわかってるんですが、頭と心が一致しない感じです。

    鍵コメさん

    本のタイトルは「愛しすぎる女たち」「愛しすぎる女たちからの手紙」(どちらもロビン・ノーウッド著です)の二冊です。

    jiimoさん

    ご共感、ありがとうございます。

    うなづく

    深い内容に 同感します。
     

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ゆかりさん


    なんと!!!
    感動して涙でました><
    普段こういう気持ちって押し殺して生活してて、何気ないときに思ってしまって自己嫌悪になったりするので、このゆかりさんの言葉にかなり救われました。

    その予言を信じて・・・。
    <まだ早い>と言ってもらえて嬉しかったです。希望が持てました!^^!

    ・・・って、私が励まされちゃいましたwありがとうございます!

    Re: タイトルなし

    桜さん

    お久しぶりです。
    読んでくださってありがとう。

    「生まれてきて良かった」と思うのは、桜さんにはまだ早いかもしれませんね。
    でもこれから先、そう思う瞬間が桜さんには必ず訪れると思います。
    何でしょう。多分、私の「予言」です。そんな気がするのです。
    根拠は無いんですけど、結構確信です。
    治療前にメールを頂いた時からそんな雰囲気を感じていたのですよ、実は。
    ですから未来をお楽しみに!

    お久しぶりです。

    治療して丸三年が経過しました。
    アトピーに悩まされずに、自分の思うように好きなことをして暮らす日々です。
    それでもやっぱり、<生まれてきて良かった>とは思えません。どうしても思えません。
    私は親の愛情をたっぷり受けて、そのことに感謝して生きてきました。
    だけど、アトピーで苦しんだ時間はどうやっても闇のままです。
    生んでくれなくて良かったと、申し訳ないけど思ってしまいます。
    それだけ、アトピーは身体も心もむしばみますよね。
    なるべく沢山の方がこの治療を受けれるようにと、本当に、心から願っています。傷は浅い方がいいです。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。