プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療が上手くいっていない2

     アレルギー治療が上手くいっていない、という人の理由を私なりに考えてみました。

    1)渡米時の検査が上手くいかなかった。

     まずステロイドの影響があり、上手く検査に反応しない事があります。またサプリメントも確か駄目な物がある筈なので、分かるものに関しては予めやめるように言われますが、漢方薬など成分が分析できていないものなどは知らずに服用していて、という事もあると思います。
     また皮膚の炎症が全身に酷く、検査する場所探しすら一苦労、というアトピー患者ではなかなか正しい判定も難しいのではないかと思います。そのため多少の間違いがあっても仕方ないかも、と思います。
     検査で反応していなければ、治療薬ボトルにその成分が入っていないので、なかなか結果を求めるのが難しくなります。長期的には検査薬で出なかったものにも効果が波及していくと聞いていますが、入っていた方が当然効果は早く出ますよね。というわけで、検査が上手くいっていなければ、効果が出るのに相当時間がかかります。

    2)治療効果を出すのに適切な注射量でない

     ドクターベイカーはとても慎重に治療します。患者は海を隔てた、アレルギー免疫療法が普及していない日本での治療、またアトピー患者はアレルギー自体が重度の人が多いので、ただでさえ慎重に行なわなければならない患者です。量が多すぎてアナフィラキシーショックを起こして死んでしまったら、という事を考えると、注射量はどうしても少なめになる筈です。
     ドクターベイカーのクリニックで治療していれば、様子を見ながら注射量の増減をすぐに行なう事ができますが、日本に住んでいる私たちにそれは無理なことです。更新の際プログレスレポート(治療で何か変わった事は無かったかなどを書く紙)を書いて提出していますが、やはりそれだけで状況を伝え、注射量を加減してもらう事はやはり難しいようです。
     つまり私たち重度アトピー患者は、アレルギー治療を積極的に行なっていくのは難しい種類の患者のため、指示されている量は効果をしっかり出していけるのに必要十分な指示量ではないかもしれません。

     それでも私のように皮膚が安定している患者に対しては、増量の指示も出るようになったし、アメリカでもアトピー患者にアレルギー免疫療法を併用するクリニックも増えてきたようなので、今後は少し方針が変わるかもしれませんね。
     いずれにしても再渡米して再診すれば、ドクターベイカーもしっかり状況を確認できるし、ほとんどの患者が再渡米の時は初回よりも皮膚の状態が改善しているので、適切度が増した治療が出来る筈です。

    3)注射薬が注射時、指示量体内に入っていない。

     私は注射をする側でもあったのでわかるのですが、皮下注射の場合、針を抜いた後、薬液が漏れ出てくる事があります。何故なのかははっきりとはわかりません。技術の問題かもしれないし、注射針のサイズや長さの問題かもしれません。
     漏れ出る時もあれば出ない時もあります。感覚として、特に皮膚が張ったような硬い感覚の人などは漏れ出てくる事が多いような気がします。薬液を注入したらすぐに針を抜かずに少しおいてからの方がいいかもしれませんが、まだ試した事はありません。
     アレルギー治療薬の場合、0.1ccなど量がとても少ないので、漏れてしまうとどれだけの量がちゃんと入っていたのか結構不安です。
     私はこの「戻り」を少しでも防ぐため、針を抜いた後、アルコール綿で刺した所を抑えず、軽く拭く程度にしています。圧迫すると液が出てきてしまうような気がして。でもこれは打ってもらう側の患者が医療者に言うのは憚られるかもしれません。
     打つ手、無しかも・・・。
     注射した後、私はあまり腫れないので心配になります。腫れる人は体内に入った、という証拠ですよね(全量入ったかどうかは別ですが)。

    4)注射薬が配送時に温度管理のトラブルがあって、効能が落ちてしまっている。

     国際郵便にクール宅急便がないので、輸送途中の温度管理が気になります。送ってくれる際、保冷剤などをたっぷり入れてしっかりした発泡スチロールに入れてくれますが、数年前までは今よりもう少し簡易的でした。注射薬がダメになってしまう温度になった事は無いだろうと思いますが、気温の高い夏の配送は何があったかわかりません。現在の梱包なら大丈夫だろうと思いますが、古い患者になると過去の配送時に注射薬の劣化があったかもしれません。

     以上、かな?他にもあるかもしれません。
     4点とも私の意見で公式なものではありません。あしからず。

     そんな事を思うと、アレルギー治療が上手くいかない事もあるけれど、どっちが悪い、というものでもないという事です。悩んでもしょうがないものはしょうがないものですね。
     運悪く上手くいかない側に入ってしまったら、落ち込むより今後どうするかを考えましょう。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト