プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療の継続

     アレルギーの治療に関しては、アメリカオフィスからは下記のように回答頂いています。

    「この注射は、まだ始まって、約10年ほどしか経過していません。やっとアメリカのアレルギー専門医で、アトピーに効果的だと言う事がわかり、普通のアレルギー専門医で始まったばかりです。

    其のため、公的な臨床もなく、Dr.MathesonとDr.Bakerの間では、日本の患者さんたちにとても効果が見られているのですが、何年で終われば、生涯必要としないかの結果が出ていません。

    最初は、普通のアレルギー治療のように、3年から5年と言われていたのですが、5年経過して止めた患者さんの何人かが、季節の同じ時期に炎症が始まり、やり直しに、2回目の渡米をされました。そして、その後注射を続けていると、炎症が出ることがなくなりました。又、止めて、炎症を繰り返し、数年して再渡米し、アレルギー治療を再開すると、やはり炎症が出なくなると言うことがあり、長く続けるようにと指示が変わりました。

    再渡米してやり直すことは、費用も時間も掛かるので、其の費用で、10年分くらいの注射を買うことが出来ます。そんなこんなで、時間を区切ってと言うのが、ドクター達も、まだ言えないようです。」

     アレルギー免疫療法がアトピー治療に取り入れられるようになってまだ日が浅いので、治療後の患者さん達は続けておいた方が無難だという事ですね。

     私は続けるつもりでいます。
     私は体質的に免疫が弱いんじゃないかと自分で思っています。抗体が出来にくく、出来ても消えてしまったりします。
     例えば結核の検査のためのツベルクリン反応ですが、結核にかかっていないと抗体が無いので反応は出ません。そこでBCGワクチンを打って、発病させないで抗体を作らせます。なのでツベルクリン反応の検査は再び行なわれます。普通であれば抗体が出来るので陽性になるのですが、私はここでなかなかきれいに陽性になりませんでした。BCGをもう一度打ちましたが、やはり疑陽性程度でちゃんと腫れてくれず、数年したらすっかりなくなり今は陰性なので、抗体は無い、と考えて行動しなくてはいけません。
     麻疹(はしか)も同様で、予防接種を打った筈なのに検査では陰性です。多分、抗体が出来にくい体質なのだろうと勝手に思っています。
     きっと免疫に関係していて、だから私は体が弱いのかな、なんて考えたり。(ツベルクリン反応など全く問題ないけど、体が弱い人、いたらごめんなさい)免疫を鍛える方法なんて医学書にはありません。なので、弱々しい体を日常生活に適応させながら人生を全うするのみです。
     アレルギー治療をやめたら、免疫が刺激されなくなり、再びアレルギーを始め色んなトラブルが起こってくるのではないか、そんな事がチラつきます。だから続けようと思っています。 

     アレルギー免疫療法の難点は、「注射」、ですよね。確か舌下の方法が既にあるけれど、価格的に実用的じゃないからまだやれない、という話を聞いたのは何年か前でした。きっと将来、こういう方法に移行するんじゃないかと期待しています。そうすればみんな、もっと続けやすくなりますよね。
     くれぐれも注射薬の更新をお忘れなく。 

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト