プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    アレルギー治療が上手くいっていない1

     他の患者さん10のYさんのように再渡米が必要なケースもあります。
     何年か前からアレルギー治療の効きが悪く、再渡米する人がいる事は聞いていて、何回かこのブログにも書いてきました。アレルギー治療を再度きちんとした方がいいケースとしては、顔の症状が強い、シーズンで悪化する、など空気中のアレルギーの反応を示す症状が出る人が挙げられます。
     空気中のアレルギーが強い人は、初めの渡米時の段階で病歴が長かったりステロイドの影響が強かったりして、元の重症度が高い人が多く、ボトルの数も多いです。そういう人は帰国後、トリガー除去やケアを頑張ってやるのですが、どうしてもアレルギー治療の効果を待たねばならず、結果が速く出ればいいのですが、そうもいかなかったりして、思わしくない経過が続いてしまい、治療への不信感につながってリタイアというケースがあるのです。
     そういったケースが心配です。

     治療後何年か経つと「完治状態になる」という決意を諦めてしまうというのが心配です。アトピーを制覇しないと、その先もアトピーに怯える事になります。渡米までしたのに・・・、という思いも加わると更に思いは挫かれ、中には近所の皮膚科に戻りステロイドを塗る生活をする人もいる、と聞きます。
     でも改めて自問してみてください。ステロイドを漫然と塗り続けるリスクは何でしょうか?その先、白内障になったり、顔の痒みが強くなってまた顔を叩いて網膜はく離のリスクを高めるのでは?など、心配は尽きません。
     アトピーはきちんと治療すれば治る病気なので、治っていないとしたら、それは問題が解決していない、という事になります。

     一度の渡米だけでは元々無理、という人は全体の何パーセントかはいる筈なのです。ですから落ち込む必要も悩む必要も無く、もう一度受診できるようにスケジュールを組む、ただそれだけです。

     私が知る限り再渡米治療のその後が良好です。再渡米だと最短10日でいいそうで、ドクターベイカーのところで検査とビルドのやり直しとドクターマセソンの再診を受け、それでバッチリだそう。
     
     皮膚が不安定で悶々としている人は、どんどんAAJに相談して、アドバイスを受けましょう。

     そうそう妊娠中もアレルギー治療は継続してくださいね。中には産婦人科医に治療をやめるように言われてやめてしまった、という人もいるようですが、これは産婦人科医の知識不足から来るものです。やめないようにしてくださいね。
     また皮膚が安定してくると注射をやめてしまう、あるいは忘れてしまう人がいるようですが、頑張って続けて欲しいと思います。再発のショックはすごいと思いますよ。再渡米の時間とコストを考えてしっかり続けてください。


    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト