プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アレルギー治療薬の増量

     前回のアレルギー治療薬から、治療薬の増量の指示が出ました。
     元々、私はボトル一本で、0.1ccでした。皮膚の状態は完治状態に至っていましたが、春の花粉症の症状が取れなかったので、治療薬の更新の際、アメリカオフィスに相談したところ、更新を機に0.2ccに増量になりました。
     ところがこの春、やっぱり花粉症の症状が強く出たので、治療薬更新の際相談したところ、ドクターから0.3ccに増量するように指示が出ました。

     今回の増量は2回目だった事もあるせいか、0.1cc→一週間後に0.2cc→そのまた一週間後に0.3ccという指示でした。増量した反応も蚊に刺された程度の腫れでした。

     アレルギー治療は最近、私のように皮膚が安定しているけれど花粉症の症状が取れなくて、という人は、更新の時にアメリカオフィスのカウンセラーに相談するとドクターに伝えてくれて、私のように増量になる人がいるようです。
     アトピーの人は皮膚がものすごく敏感なので、ドクターベイカーのアレルギー治療もとにかく反応が出ないように、と慎重でしたが、何年もたって安定している人に対しては大胆になってきている、といった所でしょうか。もちろん何か異常が出た人はすぐに連絡して、指示を仰がなくてはなりませんが。

     花粉症が治って春が来るのが楽しみ!という風に早くなりたいです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。