プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん10-7

     他の患者さん10を書いてくださったYさん、ご出産されて、今は二人目の赤ちゃんの世話をしていらっしゃいます。去年お会いした時、とても柔らかな印象を持ちました。穏やかで優しそうな方です。

     Yさんにご相談頂いてから、去年の講演会までお会いした事がなく、ずっとメールのやり取りをしていました。最初にメールを頂いてからAAJの明石さんに連絡を取るように勧めるまで3~4ヶ月ほどかかってしまいました。私がもっと早く明石さんに相談するように勧めていたら、苦痛の期間を短くする事が出来ただろうに、と反省しました。彼女が明石さんに相談したら、一度でアレルギーが原因じゃないかと見つけられ、彼女の決断も早かったのですぐに渡米が決まりました。
     Yさんがきちんと目安となる5年半、アレルギー治療の注射を続けて終了したにもかかわらず、アレルギーが原因と思われる再発をした、という事で、それがきっかけでアレルギー治療終了までの目安が伸び、今では一生続けるのが好ましい、という所まで言われるようになりました。私も6年位でやめてもいいかな、と思っていましたが、免疫を刺激し続けた方が良い体質なのかも、と思う所もあり(後日改めて書きますね)、今はやめる気持ちがなくなっています。
     こうして患者さんの状態に合わせてドクター達はどんどん治療方針を変えていきます。現状を無視した日本の医療とは大違いです。
     
     彼女の回復を見ていて思ったのが、行動が早い、という事でした。
     ドクターへの再診も母乳をやめる事も再渡米する事も。行動が早い人の方がやはり早く治るのです。彼女の行動力に驚きましたが、今回の経験談を読んで納得しました。本当にアトピーに苦しめられてきたというのがよくわかったからです。それと渡米後一度治っている、というドクターへの信頼と成功体験が彼女の行動力の源にもなっていたのではないでしょうか。
     
     治療後ずいぶんたってから再発、というと、「やっぱりアメリカまで行ってもだめだったか・・・」と近所の皮膚科に行って、また元の木阿弥、という方も残念ながらいらっしゃいます。彼女がそうならなくて良かったです。
     彼女のケースは再発してもまた完治状態までもっていく事は可能だという事と、再発は最初の治療の時よりも治すのが簡単な事が多いです。
     再発しても妊娠しても、アトピーをコントロールする事は可能だという事が伝わったでしょうか。

     Yさん、本当にありがとうございました。
     今年の講演会でお会いできると嬉しいです。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。