プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他の患者さん10-5

    続きです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    そんな時、ネットでゆかりさんのブログを知りました。とにかく最初から最後まで必死になって読みました。正直、私が渡米治療した頃とは色々と変わっていて驚きました。それに、セルフケアがいかに大事かというのもそこで再確認させていただきました。
    そしてある日のゆかりさんのブログを読んで、我慢をする必要はないんだという事に気付き、ゆかりさんにメールを送りました。

    すぐに返事を頂いて、相談にのっていただくようになりました。

    まずは自分が良くなることを考えて母乳を諦め、ドクターに再診を依頼してショートバーストも開始しました。アレルギーの薬も飲み、ドキシペンをしっかり飲んでみたら夜のぐっすり眠れること眠れること!痒みもだいぶ引き、体がどんどん楽になっていきました。
    ゆかりさんにアドバイスをいただきながら、洗濯方法・洗剤の見直し、一日二回のお風呂も再開、とにかく周りに頼って赤ちゃんを見てもらいながら、出来ることはやりました。

    一時よりは良くなったものの、あと一歩がなかなか良くならず。そんな時にやっとAAJの明石さんに連絡を取ってみることになりました。
    電話やスカイプでお話をし、結果、アレルギーではないかと・・・顔に赤みが出たり、目の痒みというのは明らかにアレルギーであるという事。
    まさかまさかのお話でした。そんなお話をしているときに実家のエアコンを付けた途端、顔が真っ赤になりました。エアコンはかなり古いもので20年も前のもの、掃除など一度もしたことのない代物でした。それでアレルギーなんだと確信したのです。
    その時点でアレルギーの注射を止めて3年が経っていましたが、それだけ経っているとそのまま再開は無理との事で、再渡米をしてアレルギー注射の治療を再開することになりました。
    決めてから一ヶ月もせずに再渡米の日程が決まりました。

    渡米後すぐにアレルギーの検査に向かい、すぐに反応が出ました。以前と同じ、埃・ダニ・カビ・猫・背の低い雑草類です。ボトルも同じく二本でした。
    ドクターマセソンの再診も受け、洗剤にシャンプーに見直すようにとの指示でした。
    今回の悪化は妊娠によるもの。妊娠というのはどうなるかわからない、ということでした。アトピーが好転する人もいれば、私のように悪化する人もいるとのこと。
    更に、同じ人でも1回目、2回目の妊娠では症状が違うこともあるそうです。

    再渡米では最初の時のようにすぐに症状が落ち着く、ということはありませんでした。渡米中にショートバーストもしました。
    それには年齢も関係したかもしれません。前回は28歳、今回は36歳です。
    今回はアレルギー治療が目的でしたので、滞在期間は二週間でした。他の患者さんは私を含めて6人で、最初こそ皆さんは寝て過ごす日々でしたが、後半は皆でショッピングに行ったりプールに入ったり、夜はステファニーとダイスゲームで遊んだりととても楽しい滞在生活でした。

    帰国して半年くらいはショートバーストを繰り返していました。ショートバーストを繰り返すことで、皮膚がだんだん強くなる、ということを確信していたから躊躇はしませんでした。
    顔の赤みもなかなか取れませんでしたが、2、3度目のショートバースト後、約4か月くらいで急に赤みがでなくなりました。唇のヘルペスも自分では気付かずに長い間放置していて、アシクロビルを飲み始めたのも良かったのかもしれません。
    私の最後の砦は手でした。手の平の水泡や指のジュクジュクがなかなか良くならず。ドクターマセソンには、子供が大きくなるまでは繰り返すだろう、と言われました。
    手の湿疹のためだけにショートバーストを繰り返していました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    Re: タイトルなし

    ayaさん

    私より先輩たちの情報がほとんど無かったので、Yさんと連絡が取れたのは幸いでした。
    治療後何年経ってもケアは大事だ、という事を私も再認識させてもらいました。

    でもセルフケア、最近、あまり面倒に感じなくなりました。糖尿病や腎臓病の食事制限なんかや定期通院を余儀なくされて、毎回痛い注射をしないといけない、とかの病気じゃなくて良かったなぁ、なんて事も思うようになりましたよ。

    セルフケアは本当に重要ですよね。
    セルフケアを一生やり続ける覚悟がある人でないと完治は難しいと最近思います(例外の方もいますが)。

    でも完治するといろんなこと忘れて無理しちゃうもんなんですよね。
    私もそうならないように気をつけようと思った記事でした。
    とても参考になりました。残りも楽しみにしてます。

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。