プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    他の患者さん10-2

    続きです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    通い始めて一か月後、どんどん悪化していき、最終的に鍼灸師も素手で私に触らなくなっていました。
    両親に説得され、私も命の危険を感じたので病院へ行く事に同意しました。

    感染症を起こしていると言われ、本当はステロイドの注射をしたいところだけど、注射をする皮膚がない、と言われ、内服ステロイドでまずは症状を落ち着かせました。
    そのまま入院し、約一か月半、紫外線療法をすることになりました。皮膚を焼いて強くする、というものです。

    一度心底傷ついた皮膚は、不安定なものでした。それまでは体はそこまで酷くなかったんですが、体も皺だらけで黒く、いかにも薄い皮膚になってしまいました。
    二か月に一回、上京してその病院に通っていましたが、どうも良くならず。ステロイドの塗り薬の量は増える一方でした。

    秋になってまた悪化し出し、またしても私の頭には脱ステが浮かびました。
    そんな時にネットで調べていると、入院をしながら脱ステをしてくれる病院がある、というのを知りました。
    電話で確認もせずに飛行機に飛び乗りました。
    なんとか先生を探しあて、たまたま空きがあったので入院することができました。
    そこでの治療は、脱ステロイドと脱保湿、イソジンで消毒をするというものでした。
    最初こそ、やはりリバウンドに苦しめられました。でも、病院で脱ステできるという安心感がストレスを最小限にしてくれました。
    脱ステも初めてではなかったので、浸出液が溢れる、というよりは乾燥で皮膚がカピカピのガサガサになっていました。

    約一ヶ月半後、退院する頃にはむき卵のような、本当に綺麗な肌になりました。自信を持って帰宅したんです。

    が、退院して数日もすると、目の周りがパンダのように赤くなり、肘の内側、膝の裏が熟したトマトのようにジュクジュクし、膝も肘も曲げる事も伸ばす事も出来なくなってしまいました。一日中居間のソファーに横になり、また引きこもり、寝たきりの生活が始まりました。旦那にも顔を見られたくなく、夜も一番暗い照明で毎日過ごしていました。
    そして、数か月経っても良くならず、同じ病院に再入院することになりました。

    最初のリバウンドは浸出液まみれ、二回目のリバウンドは乾燥でカピカピ、三回目は部分的にジュクジュク、なぜ毎回違うのか不思議に思ったものです。

    二回目の入院は前回よりも早く回復し、自宅に戻りました。
    そしてやはり数日後には元の木阿弥・・・結局家に戻るとだめなのかと。もう人生終わった気がしていました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント