プロフィール

ゆかり

  • Author:ゆかり
  • 0歳の頃からアトピー。劇悪化して12年。1970年生まれの既婚・子無し、元看護師です。
    2005年に、アメリカにアトピー治療に行き、2007年6月、完治状態に至りました。
    現在は専業主婦です。

    同じ渡米治療をされた方のブログリンクを募集しています。是非ご一報ください。
月別アーカイブ
フリーエリア

    follow me on Twitter

    ブロとも申請フォーム
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

    達成感

     頬にニキビが1つ、出来ました。
     これが保湿過剰のサインか、と思って、今まで使っていたセタフィルの保湿クリームからローションに落としました。

     私はかなりドライな体質な様で、去年まではワセリンを使う事が多かったです。でもセタフィルの保湿クリームに変えてから、ワセリンよりむしろ保湿が上手くいくようになった様に思います。多分、ワセリンが衣服に付着して取れてしまっていたのかな、と思いました。セタフィルの保湿クリームは皮膚への密着度が高いのかもしれません。これに変えてから、首のトラブルが激減しました。
     でも冬に入ってみると保湿クリームだと水分量が少ないようで、潤い不足感がありました。なので夏に使っていたニベアのクリームローションを大量に使ってみる事にしました。すると一日中潤い感が続き、体も温かくなりました。
     それからクリームローションの大量使いをしていましたが、最近また、保湿クリームを気分で使ったりしています。
     ニベアのローションも少なくなり、セタフィルローションも使ったりしています。セタフィルローションは近所の薬局には無いので使った事がなかったのですが、セタフィルのクレンザーとローションを誤発注してしまい、我が家にやってきました。返品も出来なかったのでそのまま使ってみる事にしましたがなかなか良いのです。脱衣所に保湿グッズは置いてあるので、夫もこの冬、使っていたそうで、静電気がほとんど飛ばなかったですね。冬はいつも静電気マンだったのですが。(冬に静電気で悩む人は、乾燥が主な原因という事がわかりますね)使用感が良いので、男性も使いやすいと思います。なので今後はニベアからセタフィルローションにしようかな、と思います。
     
     さて顔ですが、ローションを塗るのは初めてでした。正直、最初だけピリッとした刺激を感じました。2回目以降はほとんど感じなくなりましたが、顔にローション合わない、という人もいる事を実感しました。
     鼻周りは全く保湿していません。顔も乾燥の分布があるなぁと思いました。体もあるんですよね。よく帰国後、ニキビと乾燥が混合してしまい、保湿が難しいという事を聞きますが、そうだろうと思います。見えない所に関しては誰かに見てもらって、保湿の分布を把握して保湿剤も使い分けが必要ですね。私も夫に年に何回か背中を見てもらっています。すると「ここがカサカサしているよ」とか「クリームが届いていないよ」とか指摘を受けます。

     そうそう口角炎ですが、単純ですがリップクリームを口を開いて口角にべったり塗りこむようにしたら、出てくる頻度が激減しました。ビタミンB2を毎日飲んでいましたが、やめてしまいました。ワセリンでは塗っているつもりだったのですが、リップクリームの方が取れにくいのでしょうね。
     アトピー肌は皮膚表面の細胞が空き空き、というのを意識すると、口角も同じ事で保湿が上手くいっていなかった事が原因だったのかもしれません。口は物を飲んだり食べたりするし、女性はお化粧をする都合上、無意識に保湿に気を使いにくい場所なのかもしれません。

     渡米した時のカッサカサの痩せた肌からニキビが出来るほどの潤い肌になるまで5年以上かかったけれど、ようやくたどり着いた感があります。今渡米する人たちの方が保湿が上手なので、みんなどんどんセタフィルローションとか、何も使わなくなる人とかいるので羨ましいですが、私なりの速度だったのかな、と思います。実はニキビが頬に出来た時、何となく、本当の完治状態に至ったような気がしました。

    人気ブログランキングに参加しています。ランキングが上がると更新への励みになります。応援、よろしくお願いします。
    スポンサーサイト

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント